子連れに優しいお店「北山紅茶館」

  • ブックマーク

月曜日で取材が終わるはずが、
お店の都合により、1件だけ水曜日に変更。

というわけで、昨日も取材だったのでした。
そして久々登場!いつものカメラマンさん。
相変わらず、惚れ惚れするような写真を撮っております。
写真がいいと、テンションもアップ↑↑ 楽しい取材となるのです。

さて、原稿もまだ書けていないというのに、本日は久しぶりにお友達とランチ。
北山通りにある、その名も「北山紅茶館」へ。

 

とっても優雅な雰囲気のお店なので、赤ちゃん連れなんてダメだろうなぁと
思っていたのだけど、お店のブログを読んでみると、
「完全禁煙にしてから子連れのお客様が増えたよう…」なんて
嬉しい情報が載っていたので、これは行かねば!ということで。
駐車場も4台分あるし。
子連れって何かと荷物が多いから、車で行けるお店って便利♪

お店に入ったら、とっても笑顔の気持ちいい女性スタッフが、
テーブルのイスをひとつ片付けて、ベビーカーを置く場所を作ってくれました。

 

ランチはA・B・Cと3種類あって、どれも紅茶かコーヒーとセットになっていて1050円。
左がBランチの「ボックスサンドウィッチ(ポテトサラダ&カレー)」
右がCランチの「紅茶館特製ハンバーガー」

紅茶館だけあって、セットで選べる紅茶の種類が豊富。
キクユ、ヌワラエリア、アールグレイ、林檎、苺キャラメル、
フルーツマジック、北山紅茶館、洋梨。

私は苺キャラメルを。香りはまるでクリームがたっぷりのったパフェのよう。
ミルクティーにぴったり。ポットでサーブされるのも嬉しい。
そして、ティーカップも素敵。

 

勢いづいて、デザートまで注文。
友達はベイクドチーズケーキ、私はバナナケーキを。
バナナを使ったメニューがあると、頼まずにはいられない。
しっとり甘いバナナケーキに、さっぱりしたクリームが、すごく良く合う。
バナナケーキを頼むとよく付いてくる、あの甘くないクリームは何なの?
甘くないクリームが、バナナの甘みを引き立てていて、たまらない美味しさ。

店内には、ゆるゆるとした空気が流れていて、そこで、
ほんのひととき過ごしただけで、心までゆるゆると開放されていくような。

そんな魅力のあるお店はやっぱり人気。
私たちが食事中ずっと、途切れることなくお客さんが出入りしていました。

ちなみに、12月15日(月)は北山紅茶館の14周年記念の日だそうで、
通常240円のスコーンを1袋(2個入り)280円で販売するそう。
50袋限定だそうですが。ワタクシこれ、狙っています。

北山紅茶館
住所:京都市左京区松ヶ崎雲路町6-12
電話:075-721-8586
時間:10:00~20:00 水休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。