京都で湯豆腐のおいしいお宿「旅館 佐々木」

  • ブックマーク

最近のテレビは毎日特番。
楽しみにしているのは、警察モノ。
授乳の間にも、密着24時とかは見逃せない。
やってくれないかなー。

さて、お宿の続き。
祇園にほど近いところにある旅館佐々木。
八坂さんや、清水寺などなど観光名所がすぐ近くにあって、
とってもいい立地条件なのに、夕食なしの片泊まりなので、
1人1泊朝食付き9975円からと、とってもお得。

宿の造りも風情があって、いい。
古い建物好きにこれまた!たまらないレトロさ満開。
1階奥の部屋には小さな坪庭が。

 

洗面台もこんな感じで、古めかしくておばあちゃん家のよう。

 

2階の部屋。カメラマンさん撮影しています。

そして、女将さんが気さくでとってもいい人です。
パリッと着物を着た女将さんというより、
世話好きの近所のおばちゃんという感じで。

あと写真はないですが、朝食の湯豆腐がめちゃおいしい。
豆腐そのものもおいしいけど、
柚子がしっかりきいたポン酢もおいしくて、
湯豆腐がおいしいおいしいと騒いでいたら、
お土産用にとポン酢を1本くれたのでした。

下手に観光名所の和食屋さんで湯豆腐を食べるより、
よーっぽどおいしかった。

湯豆腐目当てに京都へ来るなら、このお宿オススメです。

旅館 佐々木
住所:京都市東山区安井南通小松町564-12
電話:075-561-4032

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。