タルトがおいしい「ミディ・アプレミディ」

  • ブックマーク

すっかり涼しくなって、ようやく秋だ。
京都は秋の観光シーズン突入かな。

私もようやく育児に慣れたのか、
赤ちゃんに泣かれるのが恐怖だった日々から
今では赤ちゃんが泣いても、変な脂汗が出なくなりました。

さて、出産2日前に訪れていたお店「ミディ・アプレミディ」を紹介。
1ヶ月以上待たないと手に入らないロールケーキで有名なこちら。

オープンしたての頃、とっても気になっていたのだけど、
幻のロールケーキを売っているお店というのが
どうも敷居が高くて、なかなか入れなかったところ。
友達に誘ってもらって、ようやく行けました。

ここのカフェでは、着席する前に食べるタルトを選ばなければなりません。
ショーケースに、季節のフルーツを使ったタルトや定番のものが約10種類。
胡桃とナッツのタルトだとか、おばあちゃまのタルトなんて、
気になる名前のものもあったりして、散々迷った挙句、オレンジのタルトに決定。

タルトに珈琲か紅茶がセットになって、1100円。

「焼き立てをたのしみながら気軽にほお張って欲しい」とのことから、
フォークはなく、直接タルトを手で持ってかぶりつくスタイル。

タルトって、上品にフォークで食べてても、
結局ポロポロ落ちちゃうから、
このスタイル、とってもいいなと思いました。

タルトを食べ終えた後には、ほうじ茶のサービスも。
香りが良くって、甘いタルトを食べ終えた後にピッタリでした。

ちなみにこちら、
小さいお子様連れのお客様はご遠慮くださいとの一文が。
ショップカードにも「“タルト”は大人のおやつ」とあったぐらいだから…。
大人が楽しむためのお店なんですねぇ。
こんなところが、敷居が高いってイメージになったのか。

どなたか、おもたせでこちらのタルトを持ってきてくれないかしら。

ミディ・アプレミディ
住所:京都市中京区東洞院三条下ル
電話:075-221-1213
時間:11:00~19:00 月休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。