京都、オーガニックな世界と出合える五右衛門マルシェ

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

2016-09-17_025302899_bceae_ios

先日の3連休初日、大好きな場所がオープンしていたので行ってきました。
以前も紹介した「五右衛門マルシェ」へ、いざ。

左京区の小さなコミュニティスペース…五右衛門マルシェ

今回は、お昼時にお邪魔してランチにカレーをいただきました。
古い建物に今も残るおくどさんで炊いたご飯にインドのカレー。
(600円のと700円のがあったかな)

2016-09-17_030223959_3c26b_ios

私はそれにアイスチャイを付けて。(200円だったか?)

2016-09-17_030333942_37a51_ios

薄いおせんべいみたいなパリパリのやつが、塩気がきいていておいしかったー。
スパイスがきいたカレーも、家では出せない味、おいしかった!

2016-09-17_032859155_7ef72_ios

庭では石窯ピザを焼いていて、息子のランチにしたら気に入って2枚完食。
素材の味が生きていて、生地も香ばしく、おいしかった!
(さっきからおいしいとしか言っていない)

 

子連れで行きたい、五右衛門マルシェ

2016-09-17_032753962_177bc_ios

何より子どもたちが夢中になったのが、こちら。
プールに中に沈んでいる石を選ぶ、宝さがし。
選ぶのは無料で、持ち帰りたいときに300円支払うという何とも良心的なシステム。

息子はキラキラ光る石が大好きで、観光地なんかでよく売っているのをねだって、
ちょっとずつ集めているのだけど。
娘も水の中に手を入れて石を探すというのが楽しかったみたいで、延々とやっていました。

広い庭があって子どもたちが自由に遊びまわって、
身体に良さそうな無添加なスイーツやオーガニックなコーヒーなどなどが用意されていて。
近所の人たちが近所に住む親しい人たちに、
おいしいものをおすそ分けするために集まったというような雰囲気がとてもよかった。
大量生産、大量消費からこういうスタイルに今シフトしているんじゃないのかとふと思う。

この日特に予定なく、いったん帰宅したのち、また息子と訪れて、
ご近所の真紀ちゃんも呼んで、縁側でまったり過ごしたのでした。

 

五右衛門マルシェ次回開催日

次回の開催は11月19日第3土曜日だそう。
気になる方は、Facebookページでチェックを!

マルシェは11月までお預けですが、五右衛門カフェは明日24(土)に開催されるそう!
なので興味ある方はぜひ!

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします