2024年人生を加速させたいなら、決断を速くすること。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

今日は2024年はじまりの日。
そして、一粒万倍日ですね〜。

一粒万倍日とは、この日に始めたことや
願い事は、大きな実りをもたらす可能性があると言われている開運日。

実は、今月からスタートする
京都ライター塾」の1回目も、一粒万倍日です。

占いとか、こういった迷信?的なことを
信じる人も信じない人も、
いろいろだと思いますが
私は「どっちでも良いけど、どうしようかな」
と迷ったときに、よく活用しています。

たとえば、京都ライター塾も
1月の土曜日に始めるなら
いつでもいいといえばいい。

私の都合で決めればいいのですが。

どうしようかな?と思ったときに
1月13日(土)は一粒万倍日とあれば
どうせなら開運日にスタートしたい。

この日にライターの勉強を始めた人が
大きく花開く(可能性がある)日に
やりたいなぁと思って決めました。
(これまでもずっとそうして決めてきました)

そんなときに占いと言うか
こういうのを取り入れると
無駄に悩む時間が減るなと気が付きました。

大会社の社長さんや起業家さんが
占い師さんをつけていると言うのを
時々聞きますが、
日々いろんな決断をしなければいけない
忙しい人たちがけっこう占いを頼っているのは
決断が速くなるからというのを
聞いたことがあります。

どっちでもいいなら
さっさと占い的にも
いい日にした方がいい、みたいな。

それを知ってから
私もすぐに取り入れたのですが
悩む時間が減ると
こんなにも頭がスッキリするんだ!
と実感しています。

悩むことが減るとその分、頭に余白が生まれます。

余白が生まれることで
良い発想が浮かんだり
新しいことに取り組めたりする。

だから、決断が速くできるようになると
人生が加速するなぁとも気が付きました。

そんなわけで!月の始まりなので
オンラインサロンの新メンバーも募集中です。

入ろうかな、どうしようかなと
迷っている人がいたら、ぜひ入会をお待ちしています!

昨年サロンメンバーになって
仲間と一緒に書くことに取り組み、
人生が動き出した人がたくさんいます。
(私もサロンのおかげでZINEが2冊作れました)

そして、やめた人もいるし。
やめて、また戻ってきた人もいる(笑)

今月のオンラインサロンのスケジュールはこんな。

【オンラインサロン1月のスケジュール】

●もくもくブログを書く会(1)
1/4(木)9時〜10時

●談話会
1/8(祝・月)10時半〜11時半

●もくもくブログを書く会(2)
1/19(金)9時〜10時

●不定期勉強会
1/26(金)9〜11時

※全てzoomによるオンライン

今月の不定期勉強会は、
サロンメンバーの玉居子泰子さんに
プロフィール講座をやってもらいます。

今の時代、SNSで発信を行っていくうえで
プロフィール欄はとても重要です。

が、自分の強みを書くというのが
苦手と言う人はけっこう多いし
もったいないなぁと思うプロフィールも
よく見かける。

…というか、私も苦手です。

人のことはよく分かっても
自分の強みはよく分からない。

そこで、勉強会では
泰子さんにリードしてもらいつつ、
他の人の視点を借りて、
自分らしいプロフィール作りに取り組みます!

アーカイブを残すので、当日参加できなくても
あとで見ていただくことも可能。

いったんプロフィールを作っておけば
短くも長くもアレンジできるので、
いろんな場面で活用できるんじゃないかなぁと思います。

そんなわけで今年こそ
もっと書くことに取り組んでみたい!
という方、オンラインサロンで
お待ちしています!

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。