2023.1.9(月)

  • ブックマーク

娘がサッカーの試合で、朝7時25分に家を出発。息子は友だちのお父さんがマウンテンパーク的なところに連れて行ってくれるとかで、8時半出発。

2人の朝ご飯にお餅を焼いて砂糖醤油で出して送り出したら、私はウォーキングへ。

朝日がさす池が神々しい。

9時からライター塾の談話会。これから受講する人も卒業した人もみんなでおしゃべり。2時間ゆるゆると。楽しかった。またやろーっと。

最後に今年やりたいことを聞いて、自分もやりたいことを話してたらテンション上がって、よし、今年はZINEを作ろう!と決意。

他にもZINEづくりをしたい人がいたし、オンラインサロンで一緒に部活やりませんかーと投げかけたら、ZINEのほかに

・ダイエット部
・読書部
・グルメ部
・勉強部
・美容部
・確定申告部
・スピリチュアル部

と、いろいろ案が出てきて楽しい。

お昼ご飯は夫が作ったラーメン。

午後からもパソコンの前に座っていろいろしてたら、あっという間に夕方。ブックライティングの原稿書こうと思ってたのに、全然できなくて、原稿の添削だけしてた。ほか、私はいったい何をしていたのだろう?あ、そうだ。1月下旬に東京に行こうと決めて、それをいろいろ調べてたりしてたんだった。

夕飯は夫が作った豚の生姜焼き。子どもたちは明日からまた学校。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は満席となりました。第9期は2023年初夏からスタート予定です。