【自分に還るヨガリトリート_01】怖いを1個ずつクリアする。

  • ブックマーク
奄美大島で見た夕陽

10月末に、奄美大島で2泊3日のヨガリトリートをしてきました。

「リトリート」とはざっくり説明すると、疲れた心身を癒すために仕事や日常から離れてゆったりとした時間を過ごす、新しい旅のスタイルのこと。この「リトリート」なるものを一度体験してみたいと思っていたのですが。

子どもがいるし、お金がかかるし、仕事があるしと思って、行きたいと思ってからもずーーーーーっと行けずにいたのです。

でも、先輩ライターのさとゆみこと、佐藤友美さんに長崎五島列島のワーケーションに誘ってもらって勇気を出して旅に行って以来、タガが外れてしまった(このときすごく怖かったけど、えいやっと行くことにした)。

飛行機1本で、あっという間に奄美大島へ

今回のツアーは見つけてしまって、30分くらい悩んだのですが、来てしまった。長崎の時は1日悩んだけど、今回はずいぶんあっさりと決断。たぶん長崎に行ったから、この決断が出来たのだと思う。

ヨガと瞑想がツアーに組み込まれている

一個ずつ怖いことをクリアしていくと、やりたいことも早く出来るようになるなぁと思ったりしたのでした。

やりたいと思っているのに、怖くてできないということはたくさんある。でも一つずつできるようになっていく。背中を押してもらえる人に出会えたということもありがたかった。いろんな要素があって、今回行けたのだな。

今回のツアーはこちらで申し込んだもの。

ツアー内容はもちろんホテルの施設も、ホテルがある環境も、料理もすーごいよかったので、機会があればまた行きたい。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)