ブログの書くネタに困ったときはこれ!!!

  • ブックマーク

昨日は同志社女子大学の講義があったので事前に何を話すか、どう進めるかパワーポイントにいろいろまとめて準備をしていたのですが。

たぶん保存しわすれて閉じてそのままデータを全て失ってしまったんです…(泣)

探しても、探してもない!ということに家を出る5分前に気が付いて超パニック!!

動揺したせいで、必要な資料も忘れ出席表も忘れ、何もかもを忘れる本当にダメダメな日でした。

そんなとき、ふとTwitterで目にした大好きな翻訳家・村井理子さんのつぶやき。

これ読んだら私のパワポのデータが消えたこととか、どうでもよくなるな!と思ってめちゃくちゃ勇気もらったんです。(申し訳ないけど)

その後もお友達のライター、稀人ハンター・川内イオくんが

って、これまたやらかしてることを知り、さらに勇気をもらったのでした(笑)

やらかしてるの私だけじゃないわ!!!

って。

そんなわけで、ブログのネタに困ったらぜひ自分のやらかした話を書いてください。

●どんなことをやらかしたのか?
●どんな気持ちだったのか?
●どうやって乗り越えたのか?

みたいなこと。

失敗談を書くのは恥ずかしいかもしれないしダメ人間と思われるかもしれないって怖いけどでも…確実に読んだ人を勇気づけられます(笑)

ブログを書くようになって「失敗したことはネタにする」くらいの感覚で生きていたら、まぁ何かいろいろ乗り越えられてきた気もする。

書くことで昇華されることもあるし次からは●●しよう!という気付きもあるから。

失敗したときは振り返って次からは●●●●しようって気付くことが大事でそうしたら同じ失敗をしないから確実に成長していることになる!!!

そんなわけで私これまでにホントいろいろやらかしてますが、夏になると思い出す私の人生最大のやらかしはこれじゃないかと思う。

レンタカーで海水浴に行って車の鍵を水着のポケットに入れたまま泳いだって話、聞きます?

あとこれも。

オザケンのライブチケット紛失したまま、東京へ行ってきた話

そんな私でも元気に生きているからたぶん、みんな大丈夫。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。