「私は私のままでいいんだ」と思わせてくれた繊細さんの本を紹介(3)

  • ブックマーク

これまでに「繊細さん」と「エンパス」の本を紹介してきて

今日は3冊目となる本

繊細さんは宇宙に愛されエスパー

の紹介です。

タイトルからして怪しいですけどね。
前回のメルマガで紹介した
『LAの人気精神科医が教える共感力が高すぎて疲れてしまうがなくなる本』を読んで、
あ、私は共感力が高いんだなと気が付きました。

共感力が高いという感覚が
どういうことかというと。

私の場合は、たとえば
子どもがケガしたときの話をすると
そのときのことを想像して
実際に私の身体に痛みが走ります。

家族なら、廊下を歩く音や
ドアを閉める音だけで
機嫌がいいかどうか分かるし、
特に何も言われなくても
態度や空気で次に何をしてほしいかが分かる。

それってつまり
「相手の心を読んでいる」ということで
もしかして私は練習したら
見えないものが、見える人になれる?
と思ったんです。

それがきっかけで
チャネリング講座に通ってみたのですが。

チャネリング講座を受けて
私は私のインナーチャイルドにつながって
そのうち、他の人のインナーチャイルドとも
つながれるようになって
「お手紙チャネリング」をするようになった
という経緯があります。

で、今回紹介する本、繊細さんは宇宙に愛されエスパー

では、

繊細さんの感覚は
素晴らしいもの。

いろんな人の感覚に振り回されるってことは
いろんな人の周波数に合わせられるってこと。

周波数の合わせ方を気を付けて
良い周波数とだけ繋がれば
不快な思いをしなくて良くなるし、
何よりそんな感覚を持っているのなら
あっという間に宇宙とつながれるよ
…みたいなことが書いてあります(笑)

じゃあ実際に何をしたらいいの?
というと、たとえば

●ゴールドの光でシールドする。
●「ある」に意識を向ける
●先が読めるってことは、失敗する前に気付き改善できる

などなど。

繊細な感性が、スピリチュアル系で
どんな風に活かせるかということが
詳しく具体的に紹介してあります。

私がこの数年ふんわりと思ってきて
なんとなく辿ってきた道が
見事に言語化してある!!という感じ。

本を読み終わったとき、なるほど!
だから私はチャネリングが
できるようになったんだなと
答え合わせができたような気になりました。

そんなわけで、「私は私のままでいいんだ」と思わせてくれた本3冊を紹介してみました。

1)「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本
2)LAの人気精神科医が教える共感力が高すぎて疲れてしまうがなくなる本
3)繊細さんは宇宙に愛されエスパー

最初に紹介した『気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』は、30日間無料体験つきの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に含まれています! この本を読むだけでも元が取れるはず。ぜひこの機会にKindle Unlimitedを試してみては〜。


江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。