いい文章を書くために、性格を良くする。

  • ブックマーク

どんな文章にも
書いてる人が丸ごとそのまま出てしまう。

おいしい、と書くのか
うまい、と書くのか

使う単語、言い回し、何をテーマに書くか…
書くということは
本当に丸裸になるってことだ。

ライターになりたての頃
ある憧れの女性カメラマンさんがいて
その人の書くブログがすごく好きで。

彼女みたいな文章を書きたいなと思ったとき
こんな文章を書くには、こんなことを考える人にならないといけない。
ってことは、今の私の性格を変えなきゃ
私の理想の文章は書けないってことか!!!と、はたと気が付いたことがありました。

そこから私は人格者になりたいって思うようになったのですが、人格者になりたいと思っている時点ですでに人格者じゃない…。

人格者ってどうやったらなれるのだろうって
日々思ってたんですが。

先日ライター・さとゆみさんの
とあるイベントに参加したら、
さとゆみさんが
「良い本を書きたかったら、性格を良くしてください」と言っていて、実際に性格を良くする努力をしてきたと言うではないか。

ハッ!と思って。

私、性格を直す努力までできてなかったなぁと気が付きました。

さとゆみさんの言葉を聞いて
いきなり頂点の「人格者」とか目指さず、
まずは性格のいい人になることなら
目指せそうだなぁって思ったのでした。

あと、話を聞いていて思ったんですが
さとゆみさんの書いて生きていくための執念たるやすごい。

さとゆみさんは
ブックライティングの仕事が欲しくて
戦略的にnoteで書評コラムを
100日書き続けたそうです。

そのコラムを書くことで
ブックライティングの仕事はこなかったけど
100日書いたとき
朝日新聞社から書評コラムの仕事が舞い込んできたとか!

本を100冊読むだけでも大変なのに
100日書評を書き続けるとか。

そこまでの努力が全然できてない私が
仕事がこない、どうやったら仕事もらえるの?
とか言ってたら、は?ってなりますね。

全力でやることやってから言ってくれる???

やっぱり売れている人は
それだけの理由が絶対にある。
運だけじゃないし、運すらも自分から掴みに行ってるんだよなぁと、ホント感動。

そのさとゆみさんのイベントは
200人以上もの方が聞いていたそうです。

すご〜!

で、そんなさとゆみさんがイベント翌日には
私の小さなオンラインサロンの勉強会に
ゲストとして来てくださいました!

本当に濃密な2時間だったのでまた、レポ記事を書きたいと思います。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。