もう夏休みの宿題を終えたウチの息子は偉い。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

昨日、学童から帰ってきた息子が「宿題終わったし、丸つけして」と問題集を出してきた。まだ8月も入ったばかりだというのに、すごい! 私が小学生の頃なんて、夏休みに入った瞬間は嬉々として毎日の予定を立て、その通りに過ごすのだけど、そんなことも2〜3日で終了。毎年8月31日に泣きそうになりながら(というか泣いてた)宿題をしていた口なのに、うちの息子ときたら、天才なのかもしれない。毎日、学童で過ごさせてもらっているおかげだと思う。ありがたい。

そして今どきは、親が宿題の丸つけをしないといけないらしい(面倒だなぁ)。丸つけをして、間違っているところはまた直して、それを提出という流れのようだ。昨年だったか一昨年だったか、この丸つけが始業式前日までできていなくて、私がこれまた泣きそうになりながら丸つけをしたのだった。

夏休みに入った最初の3日間だけラジオ体操があって、今どきは、3日間ラジオ体操に行けたらコンプリート。たったの3日。私が子どもの頃は夏休みの間中毎日あったものだけど。そして、コンプリートしてもらえる文具に本当に憧れたものだった。そしてラジオ体操から帰ると母親がミルクセーキを作ってくれていて、それが楽しみだったなぁ(遠い目)

 

という書きたいことだけを書きなぐって本日のブログは終了します(笑)
取材も行きまくり、原稿も頑張って書いています。

みなさま、良い週末をお過ごしください!

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。