梅の酵素ジュース作り2016 レシピメモ

広告

Twitterでインスタグラムで、続々と梅仕事の様子がアップされていて、私もやらなきゃと使命感にかられ。というか背中を押してもらい、ようやく梅仕事に着手。毎年何となく梅酒づくりをしていたのだけど、梅酒って作っても意外と飲まず、どんどんボトルが溜まっていくばかり。最近は、梅酒ではなく、子どもも一緒に飲める梅シロップづくりになっています。

 

保存版の梅レシピ

img_6480-4

毎年悩むのがそのレシピ。今年は料理上手な友人、
ガラス作家の真紀ちゃんに教えてもらったこのレシピで挑戦。
来年もきっと、レシピどうだったっけ?って悩むだろうから、来年の私に向けてメモ。

img_6445-3

うちの庭には梅の木が4本もあって、引っ越してきてから3年くらいはたわわに梅がなっていたのに、手入れを全然していないせいか、ここ2~3年はめっきり。最近、宅配野菜をしてもらうようになったべじべじ倶楽部で取り寄せた有機の南高梅1㎏と、真紀ちゃんに追加で教えてもらったレモン2個、生姜を加えてみました。

img_6449-3

梅仕事をしていたら、台所中が梅のいい香り。
img_6451-4

詰め終わったら、ガーゼやさらしで蓋をして、ひとまず完成。
昨日、息子にかき混ぜる仕事をお願いしたら、楽しかったようで「これ毎日したい」とのこと。
どーぞどーぞ!

息子にかき混ぜ役をお願いして、1週間後の完成を楽しみに待ちたいと思います。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!