2019年も半分終了。三宅八幡宮へ「茅の輪くぐり」に行ってきました!

  • ブックマーク

2019年の6月ももう終わり。曇り空だった昨日、雨が降る前に行ってきました、昨年と同じ左京区にある「三宅八幡宮」の茅の輪くぐりへ。

昨年の記事はこちら。

三宅八幡宮へ

三宅八幡宮へ行ってみると、参拝する人はまばらで、順番待ちすることもなく、のんびり茅の輪くぐりをすることができました。

神社の神さまの使いは「鳩」

三宅八幡宮では、神の使いが鳩。境内には狛犬ならぬ、狛鳩が鎮座しているし、いたるところに鳩モチーフがあって、それを見つけるのも楽しい。こんなところにも、あんなところにも、鳩!

そして、この白い鳩は「鳩みくじ」(300円)で、おみくじを見た人が置いて行ったもの。

境内で鳩にエサやり

鳩のエサが一皿50円だったので、えさやりをしてみることに。

子どもたちが楽しそうにやっているので、私もやってみました。手のひらにエサを持ってやると、鳩がくちばしでつついてくるのだけど、思ったより痛くない。つつく際に指先に鳩ののど元が当たるのだけど、毛がふさふさで妙に気持ちが良いという…なにこれ。

さて、水無月も食べたし、茅の輪くぐりもしたし、これで後半の半年も大丈夫。2019年、残り半分も健やかに過ごせますように。

三宅八幡宮 データ

京都市左京区上高野三宅町
075-781-5003
料金 自由参拝
時間 自由参拝
休日 なし

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。