「 京都現世美術館2008」 ~お寺で芸術を愉しむ~

  • ブックマーク

世間はGWですか? そうなんですか?
こんな天気のいい祝日に、仕事だなんて。
やる気でない。が、やるしかない。くぅー。

毎年GWに行きたいなと思いつつ、いつの間にか終わっている
気になるイベント「京都現世美術館」。
今年で4回目を迎えるそう。
ということは、3回も行きそびれていると言うことに…。
今年は行けるか?

これは、祇園にある建仁寺内で行われるアートなイベントで、
5月1日(木)~ 5月6日(火)の6日間、
アートを気軽に楽しめる、いろいろな催しが開かれている。
詳しくはホームページに載っているけれど、私が気になったものを以下にピックアップ。

5月1日(木)
16:00-17:00
「うだうだとハガキを作ろう」カンバラクニエ
みんなでおしゃべりしながら今日だけのハガキを作りましょう。        

5月4日(日)
12:00-13:00「コイノボル」京都芸術デザイン専門学校
あなたの恋する気持ちがコイノボリとなって大空へ舞います。

14:00-15:00「○△□ 柄手ぬぐい」吉田マリモ(材料費300円別途要)
○△□を使って「柄手ぬぐい」作り。誰でも簡単、楽しい!

5月5日(月)
16:00-17:00「抹茶をたのしむ」一保堂茶舖
おいしいお茶の淹れ方を学び、体験していただけます。
お抹茶茶碗は展示作家の清水志郎作。

—————————————–

今年のGW、どこへ行くかまだ未定という人。
近場でこんな面白そうなイベントしてますよー。
どなたか行ったら、感想聞かせて下さい。

場所:禅居庵 建仁寺山内南西
住所:京都市東山区大和大路四条下ル小松町146
時間:10:00 ~ 18:00 入館は 17:30 まで
料金:500円

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。