オンラインサロンはスポーツジムのような位置づけ〜自分から取りに行く派、もしくは?〜

  • ブックマーク

先週末にオンラインサロンの無料説明会をしたところ
今月は新たに6人の方が入会を決めてくれました!

説明会では、サロンで活動することの魅力を
あまりうまく伝えられなかったような気がして、終わったあと1人でガックリきていたのですが。

あ? 参加してくれた人がいる!と思って
ホッとしました(笑)
ありがとうございます!

説明しながら気が付いたのが、
オンラインサロンってスポーツジムのようだなってこと。

スポーツジムって、自分で行く日を決めて、
行けば行くだけ運動ができるし
元が取れるというようなところがあると思います。

一方で、スポーツジムに入会だけして、
行く暇なくて、全然活用できない人もいるかもしれません。

月額の料金は同じだけ払っているのに
この違いは何かというと
受け身でいるかどうかの違いかなと思いました。

自分から動かないと
得られるものも得られない。

スポーツジムって待っていても
誰も何もしてくれないんですよね。
(うちのジムはそう)

「スポーツジムにもっと行きなさいよ!」
って、誰もお尻を叩いてくれないんですよ。


自分で叩いて行くしかない。

オンラインサロンも同じで入っただけで、
何か得られるわけでもなく
「何してくれるんだろう?」
とかでもなくて

「私はこのサロンで何を得ようかな!!!」
と獲物を狩りにでも行くような感じで参加すると、たくさん獲物が獲られると思う。


どのオンラインサロンもきっと同じだと思う。

私はお金を払って参加するからには
何かしらメリットがほしいし
絶対に得をしたいので
ガンガン狩りするタイプですが

でも!一方で

あるメンバーさんが
オンラインサロンのFacebookページに
誰が投稿して、お知らせが届くだけで
ホッとするとおっしゃっていて。

そうか、そんな風に思ってくれているのか!
と思って目からウロコでした。

イベントに参加するとか、
Facebookページに積極的に投稿せずとも
メンバーになることで
そんな気持ちになってくれるのなら
「なるほど、それはメンバーであることに意義がある」と思ったりして。

オンラインサロンを始めた当初は
全員にがっつり!積極的に参加してもらいたい!
と思っていたのですが、始めてからそろそろ半年。

今はもう、参加してくださった方の
好きなように活用してもらえたらいいなと思ったりしています。

通常プランは【残8席】、添削プランは【残1席】ほど空きがあるので
興味を持った方はこの機会にぜひ!

お申し込みは下記ページから

1月のスケジュールはこんなです!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。