誰かと一緒だからこそたどり着ける場所がある。

  • ブックマーク

書くを仕事に!京都ライター塾
をご検討中の方へ

「無料説明会+プチレッスン」の
アーカイブを準備しました。

視聴したいという方は
こちらからお願いします!


私は普段ライティングコーチをする側ですが、
9月からは、コーチングを受ける側もしていました。

2週間に1回 60分×6回の3ヶ月。

1つのターンを終えてみて思ったのは、
コーチングをしていなかったら
決してたどり着けなかった場所へ
今いるなぁということ。

もしくは、一人だったら
3年かけてようやくたどり着いたような場所へ
たったの3ヵ月で着いた!
みたいな感覚でいます。

とにかく強力に人生が動いた気がする。

新しいことを始めたり
これまで慣れ親しんだ場所を離れるのは
すごく怖かったりするのだけど
コーチングをしてもらうことで
寄り添ってもらって
怖くて自分1人では絶対行けない!
と思っていた場所にも、
勇気をもらって行けたような気がする。

新しい道に進むか、やめるか
右に行くか、左に行くか

もちろん、答えは自分で出さないと
いけないんだけど
いつもそばに寄り添ってくれる人がいるだけで
すごく心強い。

私は1人じゃない、という感覚。
だから一歩を踏み出せる、みたいな。

今、オンラインサロンもやっていますが
メンバーがみんなに宣言することで
目標を達成したり、
noteやインスタの連続更新に挑戦してみたり
1人じゃなく、誰かと一緒だからこそ、
たどり着ける場所があるなぁと思ってみています。もちろん私も。

で、この3ヶ月改めて
コーチングを受ける側をして
得たものが本当にたくさんありました。

ライター塾では
自己分析ノートを活用した
コーチングタイムもあるので
今度は受けてくれる人に
それらを共有できたらいいなと思っています!

行きたい場所があるのに躊躇しているなら
この言葉を贈りたい ↓

——————-

書くを仕事に!京都ライター塾
をご検討中の方へ

「無料説明会+プチレッスン」の
アーカイブを準備しました。

視聴したいという方は
こちらからお願いします!

——————-

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。