【仕事実績】雑誌「婦人画報」2022年1月号お取り寄せ冊子にて記事執筆しました!

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動しているライターの江角(@ezu1030)です。

12月1日発行「婦人画報1月号」のお取り寄せ冊子にて、京都は二年坂に工房を持ち、御所人形を手掛ける島田耕園さんのぺージの取材・記事執筆をしました!

created by Rinker
¥1,100 (2022/01/21 18:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

お正月号は本当に毎年豪華なんですよねぇ。今年もこんな感じで充実のラインナップ!

布張りされた来年の手帳
別冊 ①「冬の鍋」レシピ
別冊② 杉本博司×婦人画報 謹製 年賀状2022
別冊③ 婦人画報のお取り寄せ「初春スイーツと新年のごちそう」

お正月に飾りたい御所人形

さて、私が記事を担当したのは、こちら。「島田耕園人形工房」さんのお正月アイテム4点を紹介しています。

記事はWEBでも読めます!

祇園・万治カフェさんにて撮影させてもらいました!

撮影は、今回も巨匠・久保田さん。場所は、祇園の万治カフェの2階をお借りしました!いつもありがとうございます。

お正月用の撮影はまだ暑さの残る9月に実施。雑誌の仕事はすべて先取り。タイムラグがあります。

というわけで、婦人画報1月号、ぜひ手に取って見てみてください!

created by Rinker
¥1,100 (2022/01/21 18:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。