note更新…「思い出してもらえる人」

広告

久々にnote更新。

いつの間にかフォロワーさんが230人を超えていて、

どこかで誰かが私の書いたものを読んでくれてる、と思うと純粋にうれしい。

全然書き散らす勢いで書けていないので、

ここでまた気を取り直して取り組む所存。

ひとまず100個記事は書きつづけたいと思い、#001からスタート。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!