JR「 嵯峨嵐山」駅からすぐ「カフェ スタイル リゾート 嵯峨野湯」へ!銭湯の雰囲気そのままで、朝ドラ「モネ」みたい。

  • ブックマーク

なかなかお出かけ記事が書きにくい時期ですが。平日の昼間。すっかり人のいなくなった嵐山へ行ってきました!

お目当ては、銭湯だった場所を改装したカフェ「嵯峨野湯」。

店内に入ると、銭湯の名残がいたるところに。本当なら裸で入る場所に、服を着て靴を履いて入ってる…この違和感が面白い!!ベースは昔ながらの銭湯なんだけど、リノベーションのセンスが素晴らしく、すごく洗練されててモダン。置いてある家具もアンティークな雰囲気で、めちゃくちゃオシャレ!

今NHKの朝ドラ「モネ」でも銭湯を改装したカフェが出てくるけど、まさにあんな感じ。

パンケーキの焼き印が温泉。この可愛さよ!添えられていたバターに塩気があって、シロップも一緒にかけると、あまじっょぱくて、これまたおいしかった。

パンケーキに夢中になっていたら、あとから来たロイヤルミルクティーが想像以上に大きくてびっくり。この大きさ、写真でうまく伝わらないのがもどかしいのだけど、「カフェボウルって言ったって、限度があるでしょ?」というくらいに大きい。小さなバケツくらい(いや、それはウソ)。

でもあまりに大きくてびっくりして、大笑いしてしまった。楽しい。

嵯峨野湯へ行ったなら、ぜひこの体験をしてほしいな。たぶん事前に知ってても驚くサイズ。

店内を隅々まで眺めていたくなる。昔のタイルって、なんでこんなに可愛いの。

今、飲食店は厳しい状況にあるかと思いますが、そしてすっかり外出もしなくなっていますが。お店に行けるときに行って楽しみたいな、そして、それがちょっとでも応援になったらいいなと思います!

カフェ スタイル リゾート 嵯峨野湯
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3
電話:075-882-8985
時間:11:00am〜6:00pm(Last order 5:30pm)※時短営業中 行く前に公式サイトでの確認を!http://www.sagano-yu.com/index.html

おまけ。

嵯峨野湯のすぐ横には、スノーピークのお店が。商品がたっぷり置いてあって、カフェまであった!なんと宿泊もできるとか? 嵯峨野湯に行ったら、こちらも合わせてのぞいてみたい!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。