五右衛門カフェのランチ美味&今週末には「野菜祭り」マルシェも開催!

左京区上高野にある大きな大きな古民家「五右衛門」。ここは週末に、おいしいコーヒーが飲めるカフェになったり、旬野菜がどっさり並ぶマルシェになったり、地域の人たちにゆるりと愛されている、それはそれは素敵な場所なのです。

というわけで、先週末も五右衛門カフェが開かれていたので、娘と一緒に行ってきました!

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



五右衛門カフェ

Instagramはブログよりサクッと画像をあげられるので、最新情報が載っていることが多いです。よかったら、フォローお願いしまーす☆

ってことで、カフェでは娘が広い縁側で遊ぶのを眺めつつ、本棚に置いてあった本(面白かったのでまた読みにいきたい)を読んだりしながら、まったり。

ここに行くだけですごく心が浄化されるような気になるので、私のパワースポットだなーと思っています。週末になると無性に行きたくなる。

ピタパンサンドとスープのランチ(700円)は、野菜のボリュームがすごくて、娘と分けっこしてようやく完食できた!というくらい。お野菜がおいしいって素晴らしい。デザート(350円)もつけて、のんびり楽しみました。

今週末7月15日(土)には五右衛門マルシェが開催されるとのこと! 
Facebookページにある出店リストを見ているだけでもワクワクします。

7月15日(土) 五右衛門マルシェ 野菜祭り
開催場所:上高野植ノ町5 五右衛門
午前10時~午後4時

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。