瞑想のお供に新アイテムを投入!リスンのお香&hibiの マッチ型お香

  • ブックマーク

朝、瞑想をするようになって3〜4年経ちます。

瞑想の際に欠かせないのが、ろうそくとお香。

お香はいつもココン烏丸1Fに入っている「リスン京都」で購入。

リスンに行くと、いろんなお香を試させてもらって、気に入ったものを購入できるのですが。前に気に入って買ったものをメモしておかないと、何を買ったか毎回忘れてしまうので、今回からブログに書いておくことにした。

150類とか…もう種類がありすぎて、何がお気に入りだったのか思い出せない…。

このガラスケースを一度購入しておけば、次持っていったときもここに購入したお香を入れてくれる。

今回のお目当ては、この本でも紹介されていた浄化作用があるという「フランキンセンス」と「ホワイトセージ」。

りスンに行ったら、残念ながら「フランキンセンス」はないとのことで、「ホワイトセージ」を使ったお香を紹介してもらう。3種類あった中でも、一番しっくりきたのが、

231 AVENUE/アベニュー(乳香と樹脂)

だったので20本購入。グリーンの爽やかな印象がよかった。
あと、この2つも爽快な印象だったので5本ずつ購入。

303 FROLIC SUN/フロリック サン(ビターマンダリン)

309 SMOKE TONE02/スモークトーン02(ジャスミンティー)

マッチ型お香

あとココン烏丸のACTUS(アクタス)をウロウロしていて見つけたのが、このマッチ型お香。

マッチで火をつけてそのままお香になる。部屋を移動しても、旅先でも楽しめそう!って思って、まずこのコンセプトがすごくいいなと思ったんですが、何よりもこのお香の香りが私好みだった!

ゼラニウムとレモングラスの匂いがもうたまらなく好き!!!と思って即購入したのでした。

hibi ヒビ 10MINUTES AROMA レギュラーボックス 8本入 お香 神戸マッチ| アロマ スティック プレゼント ギフト 誕生日 女性 グッズ グッズ リフレッシュ レモングラス ラベンダー ゼラニウム 専用マット無し
価格:660円(税込、送料別) (2021/9/11時点)楽天で購入

このマッチ箱を匂ってるだけでも幸せになれる!プレゼントにもいいなと思って2つ購入。

マッチ箱の状態で香ったら、ゼラニウムの方が断然好きだったけど、実際に火をつけてみたら、レモングラスの方がはるかに好きだった。

お香って実際に火をつけてみないと分からない。

マッチとお香が一体化しているので、火をつけるときに気を付けないと、お香部分が折れてしまう。というか、私は折ってしまったので以降、気を付けている…。あと、火をつけてすぐに消してしまうと、お香まで火がまわってなくて、ただ消えてしまったので消すタイミングは要注意。

でも、デスクに置いておくだけでいい香りがほのかにするので、今や瞑想以外のときも仕事部屋で大活躍!

この調子で使っていたら、あっという間になくなりそうなので、大容量のはないの?と探したら,ラージボックス30本入りというのがあった!こちらも近々購入する。

hibi ヒビ 10MINUTES AROMA ラージボックス 30本入 専用マット付 お香 神戸マッチ | アロマ スティック プレゼント ギフト 誕生日 女性 グッズ アロマテラピー アロマセラピー レモングラス ラベンダー ゼラニウム
価格:2200円(税込、送料別) (2021/9/11時点)楽天で購入

好きな香りで満たされるって、それだけでなんか幸せになれるので、最近ちょっとハマっている。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。