庭の金木犀と朝ドラ「半分、青い」[つれづれなるままに雑記…2018.9.30版]

  • ブックマーク

庭の金木犀につぼみがついたと思ったら、一気に咲いている。いい匂い。

金木犀が香ると、高校生の頃に読んだ山田詠美さんの「放課後の音符」を思い出す、毎年。

金もくせいの匂いがする。
甘くて歯が痛くなりそう
秋には恋に落ちないって決めていたけれど
もう先に歯が痛い
金もくせいを食べたの
金もくせいも食べたの
だから
歯の痛みにはキス

放課後の音符(キイノート)
山田 詠美
新潮社
売り上げランキング: 255,920

 

——————–

半年間、楽しみに見続けた朝ドラ「半分、青い」が土曜日で終了。

最後の最後にユーコが死んだ回は、死んだ状況もよく分からないし、残されていたメッセージにも全然納得できなくて、Twitterにこんなことをつぶやいた。

これがしばらく経ったら、100人以上の人に「いいね」をしてもらっていて、驚いた!

「●●の分まで生きて、頑張って」って、残された人に言うには、本当に酷な言葉だと思うんだよなぁ。残された人がそう思うならいいのかも知れないけどな!っていろいろ思うなど。

さて、次の朝ドラはどんなかな〜。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。