愛用するワイヤレスイヤホンを紹介!2種類を使い分けています。

  • ブックマーク

昨年から仕事のオンライン化が一気に進んで、イヤホンを使う時間が増えた。

それまではずっと音楽を聴くときくらいしかイヤホンを使うことはなくて。使っていたのもコード付きのイヤホン。だけど、オンライン会議などでコード付きのイヤホンを使っていると、キーワードを打つときや、ノートを取るのに邪魔になる。揚げ句に、手が引っかかってコードが抜けたりして、とても不便だったのだ。

それで、知人が使っていた「AirPods Pro」を見て、今どきはこんなワイヤレスのイヤホンがあるのか!と知る。値段を聞くと、目玉が飛び出るほど高くて驚いたけど、「それだけの価値はあったよ」とオススメしてもらい、思い切って購入することに。

ちょうど、「京都ライター塾」をオンラインで開催することにしたタイミング。さらに、非常勤講師をしている大学の授業もオンライン化が決定したとき。

この先、イヤホンはずっと使うことになるだろうなと思って。

「AirPods Pro」は約3万円。

それまでは、iPhoneについてきたイヤホンで済ませていたくらいだから、イヤホンごときで3万円は高すぎる!!と思ったのだけど、1年以上使ってみて思うのは、知人が言っていたとおり、3万円の価値は充分にあったし、オンライン取材、オンライン打ち合わせが増えた今、もうすでに元は取れたんじゃないかというくらいに活用している。

ノイズキャンセリングのすごさ

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2022/05/24 04:37:03時点 Amazon調べ-詳細)

「AirPods Pro」のイヤホン、コードが邪魔にならないのはもちろん、(ワイヤレスなのに)ものすごくクリアに音が聞こえる。そして、自分の声をきちんと相手に届けられる。

でもそれ以上に私が感動したのが、ノイズキャンセリング機能だった。

ノイズキャンセリング機能とは、ノイズ(騒音)をキャンセル(打ち消す)するもので、その機能のおかげにより、イヤホン着用時に外部の音に邪魔されずに音楽などを楽しむことができる。

なにより、音楽などを聴いていないときでも、単純に耳から入る騒音をカットしてくれるというのが、本当に素晴らしくて、子どもが多少騒いでいるくらいでは、全然聞こえない。

騒がしいのが苦手なので、街に出るときもイヤホンをしてノイズキャンセリングしている。たまに電車でイヤホンを取ると、ものすごいいろんな音が一気に襲ってきて、ビックリするぐらい。こんな大音量の中を私は今まで移動していたんだなと思う。

でも、ノイズキャンセリング機能がすごすぎて、話しかけられても一切聞こえないというのが玉にキズ(ノイズキャンセリング機能はもちろん解除することができます。が、静かな空間が好きなので常にオンにしている私)

家の中で、子供の声がうるさかったり、家族が見ているテレビの音がうるさかったりしたら、「AirPods Pro」をつけて仕事をしたり、本を読んだりしていたのだけど、話しかけられてもまるで聞こえず、完全無視してるみたいになってしまって、夫も息子もブチ切れること数回。

家族で過ごすときに着けるのはダメだなと判断。

で最近、もう1つワイヤレスイヤホンを購入してみました。

骨伝導でもしっかり聞こえる!

「骨伝導イヤホン」は、耳をふさがずに使用できるのが魅力のアイテム。着けたままでも周囲の音が聞こえるため、人と会話をしながら使うこともできるというのが、まさに私が欲しかった機能。

「AirPods Pro」を長時間、装着していると耳が痛くなるのにも困っていた。

イヤホンの使いすぎかどうかは分からないけど、外耳炎にもなってしまった。それも時期は違ったけど両耳。

オンライン会議はあるけど、耳の中に何も入れたくないという時期もあり、そんなとき「骨伝導イヤホン」の存在を知り、「ぴったり!」と思ったのでした。

でも骨伝導イヤホンなんて今まで試したこともなくて「本当にちゃんと聞こえるの?」と半信半疑だったけれど、実際に使っている人のブログを読んでみると、なかなかなさげ。

思い切って買ってみたら…!

これまたよかった!!なんといっても、耳にかけるというのがいい。音もよく聞こえる!ただ、音漏れが気になったのだけど、ほっぺたをくっつけるくらい近づかないと、何か聞いているということは分からないほどだった!(試してみた)

これなら耳が痛くならないな!と思ったのだけど、長時間着けていると痛くなるのは同じだった。孫悟空が頭を締めつけられるようなアレ。私の体感では、4時間以上着けていると痛くなる。2〜3時間程度なら大丈夫。

講座をしているときも、着けてるのが分かりにくくて、私としてはとてもいい感じでした。

あと、家の中で自由に好きな音楽を聴けるというのがとてもよかった。

BTSにハマって以来、延々と聴いていたい欲があるのだけど、スピーカーで聴いているは、家族には聴き飽きたといって嫌がられるし。でも、骨伝導イヤホンを装着して、好きな音楽を静かに流しながら、家族と会話できるのに、多いに役に立っている!!!

おかげで本当に四六時中BTSの音楽が聴けて私は幸せ。

今はこの2種類を使い分けながら、快適なイヤホン生活を送っています!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。