ネットでフォトアルバムを作ってみた。TOLOTOとPhotoback 、どちらも簡単ですごくいい!

広告

子どもたちの写真、撮るだけ撮ってデータがどんどん溜まっていく…!

という危機感がマックスになると、たまにフォトアルバムを作ります。成長に合わせて写真をプリントアウトをして、アルバムに随時追加していく、という細やかさが一切ないので、思い立ったときに、さくっと作れると、とてもありがたい。

これまでに【Photoback(フォトバック)】【TOLOTO】という2つのサービスを使ってフォトアルバムを作ってみたので、それぞれの良さや、どんな仕上がりになるのか、紹介したいと思います!

まずはこの夏の思い出をまとめてみた【TOLOTO】から。

広告

TOLOTOの魅力は、何といっても安さ!

今回作ったのは、1冊500円(税込み・送料込み)で、A6文庫本サイズ・64ページのもの。

仕上がりは、こんな感じ!ちゃんと透明のカバーも付いていました。表紙は、数ある中から選べます。写真が表紙に来るのも可愛かったな。

見開きに写真を貼り付けたページ。写真は、十分きれい!64ページもあると、結構な枚数の写真を入れられました!

今回私が作ったのは、A6文庫サイズでしたが、一回り大きいB6サイズは24ページと64ページの2タイプがあるとのこと。用途や写真枚数で、好みのものを選択できるようになっています。

作り方は?

アルバムを作るためのスマホ用の専用アプリがあって、それで写真を選んだら、時系列に勝手にレイアウトしてくれます。これがものすごく楽ちん!

ちょっとしたキャプションを加えたり、片面だけのレイアウトを見開きに直したり、微調整をしたら、もう完成です!

(パソコンのアプリもあったのですが、スマホ用の方が勝手にレイアウトしてくれて、私は楽でした。レイアウトにこだわりたいなら、パソコンの方があれこれ細かく設定できそうです)

フォトアルバムって、いろいろ面倒くさそうと思っていたのですが、アプリをダウンロードしたり登録したりした後に、実際アルバムを作るのにかかった作業は30分くらい。すごい楽!! あっという間にできて拍子抜けしたくらい。時代は進んでいた。

「お届けは5日から2週間」との案内でしたが、今回はデータを入稿してからわが家には6日ほどで到着。

こんな感じでポストに投函してありました!せっかくなので、両親と弟夫婦にも見てもらいたくて今回は合計で3冊注文。住所さえ入力したら、自宅以外であっても無料で郵送してくれます。ありがたいなぁ。

両親も弟夫婦も、ちょっとしたギフトのような感覚で受け取ってくれたようで、とっても喜んでもらえました〜!500円であれだけ喜んでもらえたら、なんかもうお得感しかない。

過去に、友達のまきちゃんがTOLOTOで作ってくれたのは、こんな。表紙が違うと印象もまた違う。

このときはカバーはなし。時間が経つと、角とかがちょっとボロボロになってきているので、やっぱりカバーがあるといいな。

写真をデータで保存してあったら、よっぽどのことがないと見返したりしないし、何ならデータどこいったっけ?となりかねない。こうしてちゃんとアルバムになってたら、ときどき懐かしく見返したりして、やっぱりいいなぁって思う。

特別感のあるPhotoback

さて、もう一つのサービス【Photoback(フォトバック)】でも作っています。こちらは何といっても、本当に一冊の本のような仕上がりになるのが、良い!

記念日とか特別なときを残したいなら、TOLOTOより【Photoback(フォトバック)】がいいかもなぁと思います。

私は初めて家族で海外旅行に行ったときと、息子が入学したときを記念して、これまでに2冊作っています。

これは、A5判サイズのフォトブック、LIFE[ライフ]という仕様を選んで作ったもの。サイズ感が分かりやすいように、TOLOTOも一緒に並べてみました。【Photoback(フォトバック)】の方は帯がついていて、つるりとした紙質も高級感があっていい。

ただやはりお値段が、違う!(笑)

36ページ  3,581 円
48ページ  4,010 円

とっておきの思い出を残すなら

A5判というサイズなので、いろいろな写真をたくさん並べられます。レイアウトはある程度決まっていて、どれに当てはめるかを自分で決めて、詰めていきます。ページごとに選べるので、懲り出すときりがない!!

細かく設定できるのがよくもあり、悪くもあり、私は「せっかくなら、良いもの!」という思いが強すぎて、この1冊を完成させるのに10日くらいかかりました。それで、2冊目作るのが億劫になったり。(これがあったので、TOLOTOがあっという間に完成して驚いた)

でも、やっぱり完成したら特別感はあって、作って良かった〜!!ってなるのは、Photobackの方かもしれません(かけている労力が違うからね)

というわけで、1冊だけ我が家に置いておけばいいものはPhotoback、友人家族みんなで見たい(数冊注文)という場合はTOLOTOなど、気分と用途と予算によって、使い分けてみてはいかがでしょうか!

>>おしゃれで上質なフォトブック作成サービス【Photoback】

オススメ!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!