不完全な私のままで進むしかない。

  • ブックマーク

「ライター診断セミナー」にお申し込み下った方と連日お話しています。

お話を聞いてみると

すでにWEBサイトで記事を書いていたり
クラウドソーシングで仕事したりしていても
「こんな実績の少ない私が
ライターを名乗っていいのかな
と思ってしまう…」

と言う方がけっこういます。

が、

いいんです!

と私は伝えています。

私がフリーライターとして
活動を始めたときだって、
もちろん、実績ゼロからのスタートでした。

でも名刺に「ライター」と肩書を入れて
「ライターとしてやっていきたいので、お仕事ください」って、いろんな会社、編集部に営業しにいきました。

ライターと名乗っていいのかな?
じゃなくて
むしろ、ライターです!と名乗らないと
何も始まらないんじゃないかなと思います。

私はライターです。
ライターのお仕事をください。

まずは、ここがスタート。

ライターと名乗れないのは、
ちゃんと仕事ができるかなという
不安があるためだと思うのです。

もしライターと名乗って、
いざ仕事を依頼されても
実績なくて、いい原稿が書けなかったら、
どうしよう。怖い。

みたいな。

でも、開き直って名乗ってしまうことで、
覚悟が決められるようにも思います。

不完全な私のままで進むしかないし、
(今だって完全とは言えないし)
でも、そうやってここまできたんだよなぁって。

とか言いつつ、
私もなかなか胸を張って名乗れないことがあって。

それが、文筆家。

文筆家に憧れが強すぎて
私なんかが名乗っていいのだろうかと思ってしまう。

辞書では、文筆家とは「文章を書くことを職業とする人」とあるので、大きな意味では名乗っても問題なさそうだけど…。

共著はあるけど、
自著があるわけではない…。
エッセイやコラムを書く仕事は
したことはあるけど
それがメインじゃない…。

とか思うとなかなか
自分から名乗るのが、妙に恥ずかしい(笑)

でもそれもライターと一緒で
文筆家です!と名乗って
エッセイのお仕事ください!!!
と言って仕事をもらい
こつこつ実績を積み上げていくしかないだよなぁって思ったりしたのでした。

私にはまだ、文筆家と名乗る覚悟がないのかも。

人のことはよく見えるのに
自分のこととなると全然です(笑)

もし今「ライター」と名乗る自信がないなら
京都ライター塾で、インタビューの体験をして
原稿を書いて、企画書を作り
実績をしっかり作って
「ライター」と名乗れる私になっていきませんか。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。