古くてダサいけど、かっこよくて可愛い|6.16(水)雨のち曇り

  • ブックマーク

朝8時に家族全員が外出し、家に一人となる。夫もずっと在宅ワークだったので、こんな奇跡のような朝はいつ以来か!?

さっそく録画しておいたドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」を見る。とわ子がお父さんと会話するシーンでなぜかエンエンと泣いてしまう。家に誰もいなくてよかった。最終回も名言の連発。

愛を守りたい、恋に溺れたい。1人の中にいくつもあって、どれも嘘じゃない。どれもつき子。選んだ方で正解だった。

という台詞をメモ。

そうだ、私も「選んだ方が正解」と思って生きていきたい。

そして気が付けば見ているBTSの動画。溢れる思いを持て余し、とりあえず外に出そうと思ってブログを書く。

ブログを書いて気が済んで、またBTSの動画を見る。ホント病気。仕事に支障がでているので、ホント沼から抜け出す方法を知りたい。

夕方、近所の生協に買い出し。キムチや野菜もろもろ。夜ご飯は豚キムチ。その後娘を学童に迎えに行き、そのままピピロッティリスト展へ。

夜、オンライサロンのZoomがあったことをすっかり忘れて就寝。夜の活動、やっぱり今は無理だなぁ。子どもの宿題、お風呂、寝かしつけ。やることがありすぎる。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。