古くてダサいけど、かっこよくて可愛い|6.16(水)雨のち曇り

  • ブックマーク
  • -
    コピー

朝8時に家族全員が外出し、家に一人となる。夫もずっと在宅ワークだったので、こんな奇跡のような朝はいつ以来か!?

さっそく録画しておいたドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」を見る。とわ子がお父さんと会話するシーンでなぜかエンエンと泣いてしまう。家に誰もいなくてよかった。最終回も名言の連発。

愛を守りたい、恋に溺れたい。1人の中にいくつもあって、どれも嘘じゃない。どれもつき子。選んだ方で正解だった。

という台詞をメモ。

そうだ、私も「選んだ方が正解」と思って生きていきたい。

そして気が付けば見ているBTSの動画。溢れる思いを持て余し、とりあえず外に出そうと思ってブログを書く。

ブログを書いて気が済んで、またBTSの動画を見る。ホント病気。仕事に支障がでているので、ホント沼から抜け出す方法を知りたい。

夕方、近所の生協に買い出し。キムチや野菜もろもろ。夜ご飯は豚キムチ。その後娘を学童に迎えに行き、そのままピピロッティリスト展へ。

夜、オンライサロンのZoomがあったことをすっかり忘れて就寝。夜の活動、やっぱり今は無理だなぁ。子どもの宿題、お風呂、寝かしつけ。やることがありすぎる。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。