美山でマインドフルネス・サイクリング。

  • ブックマーク

月曜日になると学校へ行くのを嫌がる子どもたち。友だちがいてくれたら2人で一緒に仲良く学校へ行ってくれるんじゃないかとママ友に提案してもらって。日〜月曜とサラは友だちの家へお泊まり。

息子がまたマウンテンバイクをしに美山へ行きたいというので、サラを友だちの家へ送り届け、その足で美山へ。

前回はログハウスが借りられてディキャンプができたのだけど、今回はログハウスが借りられず。連れて行くのはいいけど暇だなぁってことで、夫がサイクリングプランを見つけてきた。

美山で電動自転車を貸してくれて、ランチボックスも付いてるツアー(一人3,500円)。

なにこの素晴らしいプラン!!絶対行くでしょ!というので夫婦2人で申し込んだ。

道の駅で、電動のマウンテンバイクを借りて出発。ここをまわるといいよという地図もあり、だいたいの目安時間も書いてある。完ぺき。

かやぶきの里の横を走り抜け、由良川を眺め、木陰でお昼ご飯。

いつもは車で走り抜ける道を自転車で走ってみたら、全然違う景色が広がっていた。

「木の下を走ると風が冷たくて、涼しいな」とか、「あぁ、ウグイスが鳴いてるな」とか、「森の横は木々と土の匂いが濃いな」とか。圧倒的な自然が胸の中に迫ってくる感じ。車に乗ってるままでは絶対味わえない。

由良川では、アユ釣りをしている人が等間隔にいて、釣りを楽しんでいた。走っても走っても、由良川を見ると釣りする人がいて、こんなにたくさん釣りを楽しむ人がいるんだなぁと思う。


目の前の景色と感覚に集中して自転車をこいでたら、マインドフルネスしてるみたいだった。

走ってると、森のいい匂いがするので、何度も何度も深呼吸をした。

それにしても、ほとんど誰ともすれ違うことのない田舎道を走っていると、コロナなんて、どこ吹く風?という感じ。ここはコロナのない世界…と思ったら、なんか不思議な感覚に陥った。

沈川楼で受け取ったランチボックス。カゴに敷物もドリンクのアイスティーもセットされていた。すごい。おしゃれなピクニックセットだわ。これは映える。チキンもスパゲッティも、サンドイッチも想像以上においしくて、大満足だった。けっこうボリュームがあって食べ切れず、私はロールパンサンドは持ち帰ることに。夫も相当お腹いっぱいって感じ。

電動自転車なので、上り坂も余裕。ゆるやかな道が続いたので走りやすかったし、これは何度でも来たい。が、7歳の娘がいたら着いてこられなかっただろうなぁと思う。

サイクリング、ハマりそう。夫は高校時代、自転車部だったそうで、その頃の楽しい感覚を思い出したと。いつか、しまなみ海道の橋も自転車で走りたいなぁと夫と話す。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。