前々々々世はエジプト人

  • ブックマーク

目覚ましが鳴る前、5時過ぎに起床。廊下や洗面所、トイレの雑巾掛けをして、ラジオ体操、ストレッチ、瞑想をする。週末の朝、誰も起きてこない充実の一人時間。

娘のサラが起きてきたので、昨日から言われてたホットケーキを一緒に作る。ホットケーキを裏返して、自分のは完成。「にいにのは、起きてきたら焼くね」。

録画してたドラマ、ソロ活を見てたら、またボルダリングがしたくなる。

梅を凍らせるだけでまだできてなかった、梅シロップの仕込み作業、続き。瓶に入れるだけだった。こんなに簡単だったのか。梅シロップができたらもうノンアルウメッシュを買わなくてもいいな。

保育園のママ友グループLINEで、公園に遊びに行くという連絡がはいり、便乗する。近所の公園に4〜5人の友だち集まり、子どもたちは遊び、母はベンチで雑談。会社も行ってないし、こうして誰かとたわいもない話できるのが、ホント楽しい。

15時から京セラ美術館のエジプト展へ。4月から始まっていたのに緊急事態宣言で美術館が閉まってしまい、会期中に行けるかドキドキしていたのだが。ようやく。ネットで時間を予約して行く。

時間まで、サラが公園で遊びたいというので早めに行って岡崎をぷらぷら。公園もスタバもけっこう人がいる。

16時半〜、念願のエジプト展。初めて「電子チケット」なるもので購入して、どうなることかと思ったけど、アプリに入ってるチケットを見せたら意外とスムーズに入れた。でもまぁ、紙のチケットの方がはやいことは確かなんだけど。チケットをなくしがちな人(それは、私)には、いいのかもしれない。

けっこう人がいたけど、人数制限をしているらしく、まだ展示は見やすかった。

それにしても、ミイラを入れる棺とか、死者の書とか、イシス女神の像などなど、紀元前に作られたものを眺めているだけで、心底楽しくて、うれしくて、ワクワクしてくる。全々々々世はきっと私はエジプト人で、これらを見ると、「懐かしいなぁ」って、魂が喜んでいる気がする。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。