朝から息子と一悶着、のち和解。

  • ブックマーク

朝、ラジオ体操をして、ストレッチもして瞑想をして…と、気持ちよく過ごしていたら、バタバタと12歳の息子が2階から降りてきて、私に一言「ごはん」と言った。

ごはん。

ごはん?

はぁ!? おはようも言う前に「ごはん」って何????

と問い詰めたら、ケンカになった。

何でも今息子は友だちと「誰が一番早く学校に行くか?」というのをやっていて、朝ご飯を食べたらすぐにでも学校に行かないといけない、という。それは分かったけど、自分はまだパジャマのままで着替えもしていないくせに、先にご飯だけ用意しとけよっていうその態度はなに?おかしくない?

そんでご飯用意したらしたで、そこからやっと着替えはじめて、せっかく熱々で食べてもらおうとよそった味噌汁もすぐ食べるわけでもなし。着替え終わってからようやく食べるくせに。

ごはん?

ぜったいにおかしくなーい????

と散々問い詰めてしまった。

亭主関白なんて、すでに消えうせているであろう、この時代にその態度?と昨日の朝は怒り心頭。

息子はなんかごちゃごちゃ言ってたけど、用意したご飯を食べてその日は「行ってきます」も言わずに登校。

そして今朝、息子が起きてきたら、いそいそと着替えはじめて、着替え終わってから私に「ご飯の用意お願いします」と言った。

お?

そうなの?

伝わったの?

と思って、ちょっとうれしかった。

12歳になり、そろそろ声変りしかけている息子。思春期突入も間近。というか、もう突入しているのかもしれないけれど。「いろいろ難しいなぁ」ということもありつつ…なんか大きくなっていっているんだなぁと思う。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。