京都・岡本カイロプラクティック…12年通う私の行きつけ。整体行くならここ!!

  • ブックマーク

以前紹介したこともある(って言っても9年前!)、
私の行きつけ、岡本カイロプラクティック

以前のブログでは、駆け込み寺って紹介してるくらいなので、
本当に困ったとき――ぎっくり腰で動けないとき、腱鞘炎で手首が使えないときに
駆けこんでいたのですが、ここ数年は、1、2ヶ月に1回ペースで通っています。

というのも、悪化してから行くより、悪化する前のいい状態をキープしておく方が
身体にもいいし、医療費の無駄も少ないということが分かったから(遅い)

20代の頃、腰痛がひどくて整形外科に行ったら、
毎日リハビリに来なさいって言われて、行くの面倒くさいし、
なんとか手っ取り早く治らないかなぁって。

そのとき友人の紹介で初めて行ったのが岡本カイロ。
でも整体って、なんか西洋医学じゃなく、東洋医学のイメージで
「そんなことで良くなるのか」と半信半疑。

そもそも整体というものが初めてで、あまり期待していなかったのだけど、
でも本当に困って(リハビリが嫌すぎて)、藁にもすがる思いで1回行ったら、
腰痛がちょっとマシになったんです。

で、翌週ダメ押しでもう一度行ったら、さらに身体が軽くなって。

やってもらったら即よくなった!っていうのはないけれど、
後からじわじわ効いてくるという感じ。あれ?調子いい?って。


昨年末に、1年の疲れを取るべく行きたかったのだけど行けず、
年が明けて先週行ってきました。

どうしてもしんどくて、でも岡本カイロの予約取れなくて今すぐ行きたいってときは
ほかのお店に行くこともあったのですが、
マッサージのお店とかってホント当たり外れがあって、上手くない人に当たると、
背中がくすぐったくて、全然ほぐれないし、
くすぐったいの我慢してると変なところに力が入って、
むしろ疲れるということもあって、やっぱここだなぁという感じで帰ってきます。

以前施術中に、なんかお腹?(腰だったかな)の辺りがいつもと違う、
とか何とか言われて、何だろうなぁ、悪い感じではないと思うけど、
みたいな会話をしてそのまま帰宅したことがあったのですが、
その数日後に、妊娠判明!ってなって、あのとき、先生は私本人よりも早く
身体の変化に気付いていたんだなぁと思ったら、なんかもうまさにゴットハンド!

2人目の妊娠中のときは、臨月まで月イチで通って、
重たくなる身体をほぐしてもらっていました(もしかして安産だったのはそのおかげか?)
1回5500円ですが、5回分のチケットを購入すると2万5000円となって1回500円お得。
なので、最近はもっぱらこちらを購入。

岡本カイロには、わざわざ東京から来る人もいるそうだし、
話を聞いていると、社長とか大物とか、
誰だか分からないけど何だかすごそうな人もお忍びできているみたいだし、
とにかく儲かってる雰囲気バンバンするので(笑)
「新規のお客さん、いらないですよね」という話をしていたら、
「いやそんなこともないですよ」とおっしゃるので、
9年ぶりに、全力で紹介してみました(笑)
が、まぁ合う合わないもあるので、お気軽に。

場所は、JR二条駅から徒歩5分くらい北に行ったところにあります。
小春のブログを見て来たというと、初診料1000円を無料にしてくれるそうです。

岡本カイロプラクティック

住所:京都府京都市中京区聚楽廻東町24-9
電話:075-822-1717
料金:一般5500円、学生・シルバー4500円

——–

あと、「ほぐしや三条店」も岡本先生が経営をしているので、
私は行ったことはないけれど、先生が見込んだ腕の確かな人たちが揃っているはず。

場所は三条河原町にあって、今ブログ書くために値段を教えてもらったんですが、
30分1720円、60分3210円とかって破格じゃないですか!?
街中で取材の合間とかにサクッと行くのもいいのかもしれない。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。