四条烏丸のスタジオで、ピラティス初体験

広告

この写真、どーゆー状況だか分かりますでしょうか!
4月某日、駐車場の端っこに積んでいた薪が、雪崩をおこし、
車の上に全部倒れこんできたという図です。ひ~え~!悲惨!

こんな日に限って旦那は飲み会だったので、
義理の両親に来てもらい、夜のうちに3人で薪を運んだら
腰の弱い私は次の日からぎっくり状態。 

まず立てない。歩けないから、部屋の中は四つん這いで移動という日々。

疲れがたまるとよく腰にきてたんですが、今回のは酷い&長い。
カイロプラクティックに行けば、いつもなら2~3日で治るのに、今回は全然。
で、整形外科にも行ってみたら、4時間待たされた挙げ句、
痛み止めと湿布をくれただけ。

痛みどめ飲んだって、根本的に直さないとまた痛くなるじゃん。
日頃の運動不足を改善しなさいという天からのお達しか。

と、前置きが長くなりましたが、前から興味のあったピラティス体験してきました。
運動不足解消のため、ヨガとかピラティスとか通いたいなぁと思っていたのですが、
いよいよ実行に移す時。
(どうでもいいけど、ピラティスをどうしてもティラピスと言い間違えてしまい、
ねーさんに、ティラミスか!と突っ込まれ)

検索してみたら、四条烏丸に新しいスタジオがオープンしてて、
体験が1000円でできるという!
場所はなんと、いつも「ことり会だより」でお世話になっている
株式会社フィールドさんと同じビル。

 

で、昨日行ってきました。
ヨガは3年くらいしていたけれど、ピラティスは初めて。
何が違うかというと、私が思ったのは、
ヨガはポーズをとるなかで、筋肉を伸ばしたり鍛えたりするけれど、
ピラティスはストレッチに重きを置いている感じ。

スポンサーリンク

ピラティスの動作は、ものすごくシンプルで、大きな動きは全然ないのだけど
じんわり筋肉に働きかけるイメージ。
普段は全然意識しない恥骨のまわりの筋肉だとか、
腰椎の回りだかの筋肉を動かしたら、思いのほか気持ちがよかった。

ゴムバンドを使ったストレッチもあり。
関節を動かして、ゆっくりほぐす。

凝り固まっていた部分がほぐしていくような動きが多くて
じわじわ汗をかく。

そして、昨日の今日で早くもお腹が筋肉痛。
おへその奥の筋肉…これがインナーマッスルというやつでしょうか。
筋肉痛って、「あー私運動したなぁ」っていう気になれるので快感(笑)

ピラティスを60分やったあとは、身体がポカポカしてきて
新陳代謝がよくなった感覚も味わい…。

こりゃ続けたら体が少しは引き締まりそうだなぁ。
スタジオも明るくキレイだったし。

私が体験したのはマットグループレッスンで
月4回通える会員になったら、9000円。
1回あたり2250円だから、街中でヨガスタジオに行こうと思ったら
2500~3000円辺りが多いので(小春調べ)、そう思うとお手頃。

ただ、私は家から通うと片道30分以上かかるし、
交通費も+500円は上乗せとなるし。で検討中。
体験後すぐに申し込んだら、入会金1万500円が半額になると言われたのですが、
もう一つヨガスタジオも検討しているので、
距離とか、料金とか、あれこれトータルに考えて
長く続けられそうなところに決めたいなぁと思っています

努力しないと、健康が維持できない年齢になってきたのだわ。

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!