ココチ本に使う写真たち。

  • ブックマーク

松ヶ崎の素敵なアートフラワーのお店「枯れない花のアトリエ ココチ」
ココチ本の製作が、なかなか進みません。
これは仕事ではなくて、自分がやりたいからやっていることなのに、なぜ、こうも進まない?

と、それはさておき、京都とパリでココチの作品を素敵に撮影してくれたカメラマンさん、
マツイヒロコさんのHPがリニューアルされています→

そこで、ココチ本にも使う(かもしれない)、
それはもう!素敵な写真を見ることができます。

GALLERY & WORKSページの左端と中央の写真がパリと京都で撮影したもの。

私もすべて撮影に立ち会って、同じ景色を見ていたはずなのに
出来上がった写真を見てみると、私と見ていた景色と全然違う!

色のクリアな感じとか、わざと曖昧にしてあるものとか、
どれも雰囲気があって、写真にメリハリがあるというか、どれも素敵で
ギャラリーを見ながら、はぁ~と、ため息。

これは、早くレイアウトして文字のせて印刷して、
いろんな人に見てもらわねば!と思ったのでした。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。