ラ・ヴァチュール

  • ブックマーク

これは、前々から食べた~い!と思っていた
「ラ・ヴァチュール」のタルトタタン。

今日どうしても食べたい!とふと思い立ち、早速買いに行ったのです。
お店が空いていたら店内で食べて帰るのもいいかなぁと思っていたけれど、
お店の前には、何人か席が空くのを待っている人がいたので、テイクアウトすることに。
誰にあげる訳でもないのに欲張って、
ウワサのタルトタタン(630円)とクルミのタルト(470円)を2個ずつ。

何でも人気のタルトタタンはおばあさんが1人で作っていて
数に限りがあるから、1グループで注文できる数は1つ。
他の人は別のケーキを頼まないといけなかったとか。
というのを、なんかの雑誌で読んでいたので、
今日も2個テイクアウトできるかなと、
ちょっとドキドキしながら聞いてみたら、
今では、お孫さんにそのレシピが伝授され、好きなだけ注文できるそう。

家に帰って包みを開けると、食べ方を記したカードが2枚。
タルトタタンはちゃんと温めて、
プレーンヨーグルトをたっぷりかけていただきました。

柔らかく煮込んだリンゴの甘みとプレーンヨーグルトの酸味がよくあって
想像以上においしかったー。
ちょっと表面が焦げてて、その苦味もまたちょうどいいし。

クルミのタルトは、ビターテイストでクッキー部分の食感と
クルミの歯ごたえがよく、これまたおいしい。

2個全部食ったんかい!という感じですが、大丈夫。
旦那と半分個したので。
でも、3時のおやつに半分個した後、
夕食後にクルミのタルトを1人で食べてしまったけれど。
どちらも甘さがほどよく、おいしいので止まらないのです。

残りのタルトタタンはまた明日のお楽しみということで。
2個ずつ買っといて正解だったー。

平安神宮のすぐ近く。
桜馬場通に面しています。

ラ・ヴァチュール
住所:京都市左京区聖護院円頓美町47-5
電話:075-751-0591
時間:11:00~18:00 月休(不定休あり)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。