ラ・ヴァチュール

広告

これは、前々から食べた~い!と思っていた
「ラ・ヴァチュール」のタルトタタン。

今日どうしても食べたい!とふと思い立ち、早速買いに行ったのです。
お店が空いていたら店内で食べて帰るのもいいかなぁと思っていたけれど、
お店の前には、何人か席が空くのを待っている人がいたので、テイクアウトすることに。
誰にあげる訳でもないのに欲張って、
ウワサのタルトタタン(630円)とクルミのタルト(470円)を2個ずつ。

何でも人気のタルトタタンはおばあさんが1人で作っていて
数に限りがあるから、1グループで注文できる数は1つ。
他の人は別のケーキを頼まないといけなかったとか。
というのを、なんかの雑誌で読んでいたので、
今日も2個テイクアウトできるかなと、
ちょっとドキドキしながら聞いてみたら、
今では、お孫さんにそのレシピが伝授され、好きなだけ注文できるそう。

家に帰って包みを開けると、食べ方を記したカードが2枚。
タルトタタンはちゃんと温めて、
プレーンヨーグルトをたっぷりかけていただきました。

柔らかく煮込んだリンゴの甘みとプレーンヨーグルトの酸味がよくあって
想像以上においしかったー。
ちょっと表面が焦げてて、その苦味もまたちょうどいいし。

クルミのタルトは、ビターテイストでクッキー部分の食感と
クルミの歯ごたえがよく、これまたおいしい。

2個全部食ったんかい!という感じですが、大丈夫。
旦那と半分個したので。
でも、3時のおやつに半分個した後、
夕食後にクルミのタルトを1人で食べてしまったけれど。
どちらも甘さがほどよく、おいしいので止まらないのです。

残りのタルトタタンはまた明日のお楽しみということで。
2個ずつ買っといて正解だったー。

平安神宮のすぐ近く。
桜馬場通に面しています。

ラ・ヴァチュール
住所:京都市左京区聖護院円頓美町47-5
電話:075-751-0591
時間:11:00~18:00 月休(不定休あり)

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします