台所仕事を楽しくしてくれる「中川政七商店」のキッチンアームカバー

  • ブックマーク

四条烏丸に出たとき、ついつい寄ってしまうのが、ラクエの地下にある「中川政七商店」。

先日もフラフラと吸い寄せられるように行ってみたら、前から「こんなのあれば良いのになぁ」と思ってた、キッチンアームカバーを発見!

即購入しました。

料理をするときに、手元がもたつかないよう腕まくりをしますが、まくってもまくっても、落ちてくる。

冬場は、あまり腕まくりをすると寒しい。で、ちょっとだけ腕まくりすると、すぐに袖が落ちてくるし…!

と、イライラしていたのですが、このアームカバーがあれば大丈夫。

なかなか生地の柄が好みのアームカバーがなかったのだけど、シンプルなストライプ柄も気に入って。

はめてみたら、ゴムがすごくしっかりしてるので、ずり落ちない。なんならゴムの痕がつくくらいしっかりしてるのが、わたしにはうれしい。

しかも、写真では見えにくいけど、吊るせるループ付き! キッチンばさみやおたまをぶら下げているところに並べて、吊るせるところも気に入っている。

いい買い物をした。

なんか、今まで積極的に探したことなかったけど、Amazonとか見てたら、可愛いのいっぱいあるなぁ。

created by Rinker
アンドエヌイー(&NE)
¥1,980 (2022/01/24 00:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

中川政七商店 ラクエ四条烏丸店

京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 LAQUE四条烏丸 B1F
電話:075-253-0035
時間:10:30~20:30

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。