修学院にオープンした本と雑貨、立呑みのお店「ba hütte.(バヒュッテ)」

広告

京都は修学院、白川通りと北山通りの交差点を上がった西側に面している細長い建物。

ここには以前、野良ネコ🐱たちが集う小さな魚屋さんがあったのですが、いつの間にか取り壊されており、何だか新しい建物が建てられているなぁ〜と気になっていたのです。

この土地というのが、本当に小さな小さな土地でまさに猫の額といわんばかりの狭さで、一体ここで何が出来るのだ?と思っていたら、何ともすてきなお店がオープンしていたのでした。

広告

本と雑貨、立呑み ba hütte.(バヒュッテ)

お店の入り口に本棚。そして、ぎっしり本。

店内にはいると、壁一面が本棚になっています。

見たことない古本がたくさん並んでて、そのセレクトを眺めるのも楽しい。

窓側には、ポーチやペン、ノートといった雑貨も。

店の一角にはカウンターがあって、お酒も飲めるスタンドになっていました。

目の前には白川通りの並木道。開放感いっぱいのカウンターで昼からお酒飲むのとか、めちゃくちゃ楽しそう。

近所のお友達誘って、さくっと平日に昼飲みしたい。

本棚に気になる本があったので購入。

ちびちび読み進めているけど、5月にダイヤモンドクルーズに初乗船して、クルーズにどハマりした私にぴったりな本だった。面白い。

created by Rinker
¥29 (2019/12/12 11:49:11時点 Amazon調べ-詳細)

バヒュッテ データ

京都市左京区山端壱町田町38
075-746-5387
12:00〜19:00
定休日 火曜日、第1・3・5水曜日

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!