「まいまい京都」でガイドをしました!〜京都本ライターと、御所西・乙女な朝あるき ~ヴォーリズの洋館で特別朝ごはん☆老舗お味噌屋さんからレトロ府庁舎まで~

広告

6月1日に開催された「まいまい京都のツアー」、

【京都の朝あるき】京都本ライターと、御所西・乙女な朝あるき
~ヴォーリズの洋館で特別朝ごはん☆老舗お味噌屋さんからレトロ府庁舎まで~

が、何とも楽しく終了しました!

天気予報ではちょっとだけ雨降り予報だったのですが、当日は本当に気持ちの良い快晴で見事な青空!15人の参加者の方とわいわい朝あるきをしてきました。

広告

今回の「まいまい京都」で行ったところを紹介!

地下鉄「今出川」駅の改札を出たところに集合してまず行ったのが、ヴォーリズ建築の建物が楽しめる「バザールカフェ」。

※ちなみに、ここから徒歩で行ける距離にもヴォーリズ建築のカフェがあります!→うららかふぇ

本来お店は11時半からオープンなのですが、今回ツアーのために特別に朝から開けてもらいました。このすてきな空間を貸し切りです!

到着したら、これまた特別なモーニングがすでに並べられていました。

カフェの紹介をしたり、店長さんにインタビューしたり(その間ずっと目の前のモーニングがお預け状態でスミマセン、笑)。チキンサンドに使っているパンは、カフェから徒歩4分くらいのところにある老舗「マリーフランス」の食パン。パンの風味を楽しんでもらいたい!といつもは焼いているパンをこの日は生のままいただきました。

このとき、参加者の皆さんに自己紹介をしてもらったのですが、おいしいものを食べつつ、自己紹介も先にしておくと、皆さんあっという間に打ち解けて、とっても良い雰囲気に。

以前、北白川のツアーをしていたときは、解散後にカフェでお茶するときに初めて自己紹介をしてもらっていたのですが、先にしておくのはいいなぁと。先にしておくと、その後ツアーで歩くときも、参加者さん同士、おしゃべりも弾んで楽しそうでした。よかった!

私がこの日着ていたワンピースは、ファッションデザイナーをしている弟のブランド「EZUMI

さて、移動して次に向かったのは京都御所。

春にはしだれ桜が美しい近衛邸跡へ

御所にて、ものすごい笑顔で説明してる私。参加者の方が撮ってくれました。なんと、東京での特別講座『そうだ 京都、行こう。』をしたときにも参加してくれていた方が、関東からはるばる参加してくださったのです。うれしい再会!

本田味噌本店へ

御所のなかを散策したあとは、本田味噌本店へ。こちらもオープン前,お客様がいない店内にいれていただき、お店の方にその歴史から、白みそを使ったおいしいレシピまで、たっぷり味噌の魅力を教えてもらったのでした。

最後に、先日新発売となったばかりの白みそを使った和スイーツも味見させてもらい、大満足!皆さん、お話を聞いたあとの買い物タイムには、たくさんお土産を購入されていました。私も購入したかったけど、あまりの行列に断念。またの機会に!

途中で寄り道しつつ

澤井醤油本店もチラッと。お店の中までは入る時間がなかったですが、御所西には良いお店がたくさんあるよってことで、簡単な説明をしつつ。風格ある外観を見てから、京都府庁旧本館へ。

※澤井醤油本店は、「京都の伝統を旅する / DEAN & DELUCA」で取材させてもらいました。そのときの記事はこちらで読めます!

最後の目的地・京都府庁旧本館

明治期の建造物。いつ来ても、何度来ても美しくて、ついつい写真を撮ってしまいます。

旧知事室を見学した後、旧議場にも入りました。

私の説明プラス、ガイドさんの説明もあり、終了時間をちょっと過ぎてしまったのが、申し訳なかったのですが。あとは「正庁」の案内もしたかったのですが、この日は撮影の予約が入っていて見られず。正庁や旧議場の空間は、ロケや講演、パーティーなどで借りることもできるため、タイミング次第では見られるのだけど、この日は入れず。次回からはそんな可能性があるということを、事前に伝えられたらなと反省。

とまぁ、こんな感じで終了したのですが、すごくうれしかったのは、最後のアンケートで15人いた参加者さん全員が10点満点中8点以上にしてくれていたこと。あと、このつたない私の説明を「お話するの上手ですね」と言ってもらえたこともうれしくて、忘れないようにメモ。

人前で話すのが苦手な私が、そんな風に言ってもらえるようになるとは。

さて次の開催はいつでしょうか? また決まったらお知らせいたします。

なんかもう、こぢんまりと5人くらいでサクサク散策する「朝あるき」を自主開催したくなってきたのでした。企画しようかなぁ。

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!