「ブログ講座」満員御礼となりました!ありがとうございます!

  • ブックマーク

3/11(木)正午に受付を開始した


書きたいけど
書けない人のための
ブログ講座。

開始15分で、あっという間に
満員御礼となってしまいました…!
ありがとうございます!

正午のメルマガ配信を
スタンバイして待ってくれていた方も
いらっしゃったようで
ホントありがとうございます。

定員オーバーとなってしまったので
4人目以降の方はいったん
キャンセル待ちとさせていただきます。
スミマセン!

今回この講座を企画してみて
書きたいけど書けない人の背中を押したい!
ということを、私はやりたかったんだなと
強く実感しました。

ライターじゃない人にこそ、
書くことの魅力を伝えていきたいと思うので
仕事の様子を見つつ
ぜひまた企画したいと思います!

さて、先日新しい媒体での記事が
アップされました。

一休.comが運営するトラベル WEB マガジン
一休コンシェルジュで、ラグジュアリーホテル
「THE HIRAMATSU 京都」の紹介をしています。

東京に編集部がある会社から
なぜ京都の私のところへ仕事の依頼があったのか?

それは、私がブログに載せていた実績を見つけてくれたから、でした。

一休.comさんに限らず、このコロナ禍で
東京からライターさんを派遣するのが難しく
地方に住んでいるライターさんに
記事を頼もうという動きは活発化しています。
今こそ、地方在住の強みが活きるとき!

なので、プロフィールには、
どこに住んでいるのか
どこが活動エリアなのか
明記しておくこともポイントかもしれません。

こうした情報発信しておくことのメリット、
今回のブログ講座でもたくさんお伝えしたいと思います!

それで、尊敬するWEBライターの
吉村智樹さんという方がいるのですが、
その方の先日のつぶやきがとても印象的だったので紹介。

発信してると、まわりの反応や
フォロワー数が気になるものですが
たとえ反応がなくたって
誰かが見てくれているんだなぁって、
私も思います。

それが情報発信の面白さ!
これも伝えていきたいなぁ。

またメルマガでいろいろお知らせしていきます。

これからライターを目指す人へのヒントがぎゅっと!
メールマガジンは登録した次の日から7日間、毎朝午前11時に届きます。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。