出雲で居酒屋行くなら「ツバメヤ」。観光の人にもオススメです。

  • ブックマーク



久々のお店紹介。

ここ1~2年くらい出雲に帰省すると必ず行くようになったお店「ツバメヤ」。
高校時代の友人みかりんの行きつけのお店なのだけど、
ここの料理がおいしく雰囲気もよく、とっても気に入っています。

食材は、地元のものがふんだんに使われているので、観光の人にもオススメ!



魚介のおいしさといったら、やっぱり海の近くだからこそ。

そのほかのメニューも、地元の海苔の天ぷらとか、しじみの酒蒸し、
定番のハムカツとかポテサラなどなど、お酒に合いそうなものばかり。 
地酒も豊富で、おまけに気さくな接客も心地いいのです。

無事、卒乳が完遂したら、夫が絶賛する「月山」という日本酒を飲んでみたい。

地元でも人気店らしく、私たちが行った日は予約で満席。
それでも次々とお客さんが訪れるという。
もう少ししたら、もっと広いお店に移転するとかで(すぐ目の前)
お正月に帰るときには、新しい場所に行けるんだなあと思うと、それも楽しみ。

それにしてもみかりんは、私の高校時代の友人なのに、夫と妙に気が合って、
2人で日本酒を飲みだすと止まらなくなるので(私は素面だし)、毎回ホント腹立たしい。
ま、好きな人同士が仲良くしているというのは、嬉しいんですけどね!

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。