大人も夏休み & 涙、涙の卒乳 2015

  • ブックマーク
先週末から夏休みスタートの我が家。
備忘録的に今年も書いていきます。
 
週末は朝から庭でプール。


 

キッチンに新しくついた窓からの眺め。

土曜も日曜も朝からプール。
その隙に、夫が床にオイルを塗り…。
壁の珪藻土も塗り終わり、何とか家具を置けるくらいには完成。
その後、八瀬で開催されていた「えいでん祭り」へ。
ゆるキャラ発見して、写真をパチリ。
猛暑日だったけど、中の人、大丈夫だったかな。
日曜の夜に、島根に帰省。
翌日さっそく、おじいちゃんと庭で蝉取りする息子。
カブトムシを捕まえるために、バナナも仕掛けたけれど、さて明日の朝どうなっているか。
そして、心にも時間にも余裕があるだろうと実家での卒乳を決行!
と同時に、ほぼ2年ぶりのアルコール解禁。
娘の寝かしつけは、夫がしてくれたのだけど、
おっぱいが飲めない娘、阿鼻叫喚の1時間。
つ、つらい。
もう卒乳しなくていいんじゃない?
え、何で卒乳しなきゃいけないの?
卒乳するんじゃなかった!
娘がおっぱい要らないという日が来るまで飲ませてあげれば良かったー。
という思いがグルグルと。
ようやく寝かしつけた夫。
泣き叫ぶ娘が可哀想で辛くてダーダー涙出たらしい。
「何なら卒乳やめようか」と思っていた私の気持ちを察したのか夫が一言。
「娘もあんだけ頑張ったんだし、もう後戻りできないからね」
その言葉に、急に泣けてきた私。

もう本当に終わりなのか、えーんえーん。なんで卒乳しようって思ったんだろう私。
もうちょっと頑張れたんじゃないのか私。

でも、普段なら2~3回夜中に授乳してたのが、
昨晩は1回起きただけというし、朝はすっきりした顔して泣かずに起きてきたし
朝ご飯もいつもよりしっかり食べているし。あぁ、良かったのかな。
娘、1歳3ヵ月目前の卒乳。これでよかったんだとその道を進むしかない。

さて今晩もお父さんと寝る娘。
どうか泣かずに寝てください、涙出るから。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。