2つ掛け持ちの運動会、無事に終了!

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

土曜日がしとしと雨のため、保育園、小学校のダブル運動会は延期に。保育園は翌日に順延したのはいいけれど、翌日は区民運動会。リレー他、玉入れやボール入れゲームなど、景品欲しさにあれこれエントリーしていたのに(笑)、午前中は参加できず。

ひとまず、朝から保育園の運動会に行ってきました!

text by 江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



 

娘3歳、保育園の運動会

先日、先生に娘が足が速いため、スタートラインを一人だけ下げますと言われ、なんだか複雑な気持ちでいたのですが、いざかけっこが始まってみると、娘、本当にぶっちぎりの速さ&追随を許さない走りで親もびっくり。

スタートラインを下げたのが、何か意味があったのか?というくらい、清々しいまでの差をつけてゴール。いろんなお母さん方から、早かったですねぇと声をかけてもらったのも嬉しかった!

結果、なんかまぁ良かった?かなぁと思ったのでした。

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします