大阪・中之島「東洋陶磁美術館」で「フィンランド陶芸&マリメッコ・スピリッツ」展を見にいってきた!

  • ブックマーク

 

東洋陶磁美術館で、先日まで開催されていた「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」と「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」を見に行ってきました!!!

陶芸の無限の可能性を知る

展示されているのは、新婚旅行で北欧を訪れて以来、大好きな国の一つとなったフィンランドの陶芸作品。作品はほぼ撮影オッケーという何とも太っ腹な対応で、気になった作品をたくさん写真に収めてきたのでした。

陶芸というと、器くらいしか思いつかない私だったけど、土という素材で「こんな表現も、あんな表現もできるんだ!!!」という衝撃。

たくさんの可能性をみせてもらって、ものすんごく面白かった。絵を描いたのが、なぜキャンバスではなく、土だったのだろうとか思ったり。

こんな形の陶芸作品は初めて見た。枠に収まりきらない、陶芸の可能性。すごいなぁ。

作品を見ていたら、リサラーソンの作品がほしくなった。

created by Rinker
LISA LARSON ( リサ・ラーソン)
¥12,100 (2022/01/22 12:09:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

マリメッコのテキスタイル

マリメッコのテキスタイルもたくさん展示してあって、素敵な柄に目を奪われる。

どれも、緑豊かなフィンランドの自然がモチーフになっている。

だから癒されるのかもしれないなぁ。自然を感じられるデザイン。

展示を見終わった後のお楽しみ、ミュージアムショップには、マリメッコや北欧雑貨がもりだくさんで、ほしいモノだらけでした!こんな!

created by Rinker
iittala (イッタラ)
¥2,160 (2022/01/22 12:09:37時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
iittala (イッタラ)
¥2,222 (2022/01/22 12:09:38時点 Amazon調べ-詳細)


 

中ノ島は洋館天国!

東洋陶磁美術館のある中ノ島は、古い洋館が建ち並ぶエリアにて、レトロ建築好き、洋館好きの私には「ここは天国…?」と思えるくらいに楽しい場所でした!!!

美術館の真ん前にある大阪市中央公会堂。雲一つない青空にはえるレンガの建物。美しい。

公会堂のすぐ裏にある「大阪府立中之島図書館」。

こちらにも寄ったのでまた別記事で詳しく紹介したいと思います!

——————-

今回、この展覧会のことを知った瞬間から行きたい!と思い、数ヶ月前から手帳にも書いていたのに、会期の終わりが迫り、「大阪遠い、仕事終わらない…もう行けない…」とあきらめていたところ、不意に友だちが「チケットあるから行かない? 」と声を掛けてくれて、やっとこ行けることになったのでした。行けて良かった!誘ってくれて、ありがとう〜!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。