コロナ禍の取材日記。伏見稲荷大社へ行ってきた。

  • ブックマーク

2021年1発目の取材は、伏見稲荷大社の近くにあるお店でした。

せっかく伏見稲荷まで行くのだから、と早めに現地へ赴き、取材前に伏見稲荷大社へ初詣。

駅を降りてまず驚いたのが、人の少なさ。コロナ禍といっても、インバウンドのときの人の多さを目の当たりにしていたので、まだまだ人はいるだろうって思っていたんですが。全然いない…!

神社まで行けば人がいるかなと思いきや…

いない。

千本鳥居もこんな感じ。おかげさまで、ゆっくり参拝できて私は大満足なのだけど。

今年の運試し。大吉!!!!「万福招来疑いない」とは本当に素晴らしい。

取材終わりには、祢ざめ家でお稲荷さんを。ここのお稲荷さんのシャリには、麻の実が入っていて食べるとぷちぷちとした食感が楽しい。

取材のついでに大好きな京都を観光できるのはライターの特権だなぁ。

京都もついに緊急事態宣言が発令されました。2回目ということもありますが、むやみに恐れることはせず、最大限の配慮をしながら取材には行けたらいいなぁと思っています。

1発目の取材、とにかくいいスタートが切れました。

【追記】2020.3.15 このときの取材の記事が、無事公開されました!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。