「インド食堂タルカ」でカレーランチ

友人たちが、このお店へいく度、狂喜乱舞している様子を

インスタグラムで見ており、私もいつかと思っていた場所…

烏丸御池から徒歩5分ほどの「インド食堂タルカ」へ、遂に私も行ってきました。

私は常々行きたいお店があれば、スマホのメモ帳に保存していて、

この日は午後から烏丸御池で打ち合わせがあったので、

チャンス!とばかりに行ってきたのでした。

ちなみに、読みたい本、見たいDVD、行きたいお店もリストにしていて、

時間とタイミングがあれば、メモをチェック。1個ずつ夢を叶えるのが小さな生きがい。

で、「インド食堂タルカ」ですが、ランチメニューは3種類。
この日は、菜食カレー3種(Aランチ)に、チキンカレーを追加したBランチ1,100円にしました。

ここはお店に入ったらまずオーダーして、お会計も済ましたのち席に着くスタイル。




Bランチの内容は、カレー4種に本日の揚げ物(大好物のバナナでした!)

中央の野菜は、カチュンバルサラダ(ノンオイルサラダ)、

ロティ(インドのパン)、ライス(タイの香り米と日本米のミックス)

オススメの食べ方が壁に書いてあったので、それに倣ってみました。

それは、カレーをいったんトレイの外に出し、トレイにカレーを直接流し込み、

ごはんも野菜もカレーも全部を混ぜて食べるというもの。

いや、これ正解でした!

野菜のシャキシャキした感じもよく、ライスも風味豊かで、美味!

からすぎるということはなく、ほどよくスパイスが効いてて、ほんのり汗をかきつつ完食。

ロティも初めて食べたけど、ナンとはまた違うしっかりとした食感があっておいしかった。

このおいしさ、このボリュームで1100円とはお値打ち。

私はオープンして15分くらいで入ったのですが、お客さんが次から次へと入ってきて、

食べ終わり振り返ると行列ができていました。人気なんですねー。

次は、全部盛ります!っていうスペシャルランチ、食べてみたい。

あと、13時以降はチャイお代わりし放題なサービスがあって、これもぜひ試してみたいなー。

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。