京都・銀閣寺近く「XUAN(スアン)」京野菜で味わうベトナムフレンチ

広告

ことり会メンバー3人で集まったお店、ベトナムフレンチXUANの紹介です。
ここは過去に辻ちゃんがアルバイトをしていたり、ねーさんがシェフの家に居候(?)していたり、と、ことり会メンバーとは何かとゆかりのあるお店。

ここの料理のおいしさは間違いなく、
いく度やっぱり美味しいわぁとため息が出るほどです。

シェフが上賀茂の池西農園さんから無農薬の京野菜を仕入れているそうで、
とにかく野菜がおいしい!

この日オーダーしたのは、スアンランチ ¥1,200+税

・生春巻き
・とりサラダ
・フォー(鶏・チャーシュー・エビから一つ)、またはお粥

こちらが絶品!生春巻き。
野菜がシャキシャキで、生春巻き専用の味噌ダレがまたたまらん美味しさ!
ねーさん曰く「ここよりおいしい生春巻きは食べたことがない」。
私もそう思う。

フォー(エビ)はお出汁がほんのりきいた、やさしい味わい。
パクチーをのせて、ライムを絞って頂きました(パクチー大好き)

食後には、+200円(だったかな)でベトナムコーヒーを追加。
やっぱりこれを飲まなければ。
練乳をかきまぜ、いただきます。

思えば、私が初めてベトナム料理に出合ったのは、13年くらい前、
XUANがまだ四条御幸町にあったとき。
今またこうしてお気に入りのお店となっていることが感慨深い。

料理は、小柄で美しく、はつらつとしたマダムがサーブしてくれるのですが、
いつも可愛らしいアオザイ姿で(年上の方に使う言葉ではないかもしれないけれど)、
私はすっかりファンなのです。

ベトナムフレンチ スアン


京都市左京区北白川久保田町56-1
075-741-6657
ランチ11:30~15:00、ディナー18:00~22:00(L.O 21:30)
火曜終日・水曜ディナータイム休み

————-

スアンにことり会メンバー3人で集まって、
今年1回目となる「ことり会議」を開きました。

議題は、2015年の活動をどうしていくか。
2014年は、私の出産があり、ねーさんは学校の先生を3校掛け持ち、
辻ちゃんも作品づくりと、それぞれが忙しく、
ことり会だよりのvol.8も予告したまま、ついには年内に発行できず。

なので3人で話し合い、個々の活動も頑張りたいし、
ことり会として活動も続けたい!ということで、
2015年は少しペースダウンしながらも地道に活動していくことに。

詳しくは、ことり会日誌にあるので、そちらをぜひ。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

広告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!