京大隣り「アンダンテ」のハーブカレー【出産前に食べておきたい(3)】

  • ブックマーク

なんか、そろそろ産まれそうな予感なのだけど、
どんな心持ちでそのときを待てばいいのか分からず。

とりあえずブログでも書いて心を落ち着けます(^^;;

アクセサリー作家の川勝慶子ちゃんに教えてもらって以来大のお気に入りとなった、
アンダンテのハーブカレー。

京大の近くにある小さなカフェで、
ハーブカレーは、4月~9月のみ味わえるのです。

店内はカウンター席とお座敷があって、
お座敷席なら子連れでも赤ちゃんをコロンと置いておけるので◎。

冬の間はお預けとなるハーブカレーは、こんな!

グリーンのルーの中には
バジル、コリアンダー、レモングラスなど、フレッシュなハーブが大量にはいってるとか。

鶏肉もゴローンと3つくらい入ってます。
生姜や豆乳も入ってて、辛すぎず、
ホント一度食べたらやみつきになる味。

食べていたら、ハーブや生姜のおかげで血行がよくなるのか?
気持ちのいい汗がタラーっと。

店主かおるこさんの心地よい接客に、
つい2時間くらい居座ってしまったのでした。

ちなみに冬の間は、オリジナルソースの生パスタが登場。
こちら未体験なので、赤ちゃん産まれたら、また元気付けに食べに行きたいなぁ。

あ、お店は予約した方が、確実です!

______

あぁ、それにしてもいつ陣痛が始まるのか、ホント落ち着かない(^^;;

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。