ストレッチポールで朝晩ごろごろ

  • ブックマーク

腰痛を治したい一心で、3年前からパーソナルトレーナーのいるジムに通っています。

2人めの子を出産してからというもの、つねに腰に痛みを抱え、数年に一度は1mmたりとも動けなくなるぎっくり腰となり、本当にどうしたものかと思っていたのです。

で、私はなぜか腰痛は治せない、一生抱えていくものだと思い込んでいたのですが、「腰痛、治ったよ」という知人に出会い、え、腰痛って治せるんだ!治せるもんなら治したい!!!と通い始めたのが、パーソナルトレーナーのいるジム。

ジムでは、カイロプラクティックのように体をほぐしたり調整したりしてもらうほか、筋トレの仕方、体の使い方についてもいろいろ教えてもらいました。

そして今、私はほとんど腰痛もなくぎっくり腰にもならず、3年。

それまでは腰が痛くなるとカイロプラクティックにかけこんでいたんですが、そうではなく。車を長く快適に乗るために、メンテナンスが必要なように、健康でいるために調子が悪くなる前に、快適に過ごすために体のメンテナンスが絶対必要なんだなぁと思っています。

前置きが長くなりましたが、そのジムのトレーナーさんが薦めてくれたのが、このストレッチポール。

created by Rinker
LPN
¥9,790 (2021/01/22 08:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

私は1日中パソコンに向かって仕事をする日がほとんどで、前かがみの姿勢で体が固定され、肩こり、背中が硬くなるという症状がよくでます。

そこで薦めてもらったストレッチポール。これは寝転がるだけで肩甲骨がほぐれて、とても気持ちいい。胸が開くと深く呼吸ができるような気もして、今は毎日朝晩、このポールに寝転がり、ごろごろしている。

ずっと薦められていたのだけど、なかなか購入には至らず。でもこないだ友だちがアイボリーのポールを持っているのを教えてもらったのが購入の決め手となった。ストレッチポールにはいろんなカラーがあって、こんな優しい色のアイテムなら部屋に置いてても嫌じゃないなぁと思えたので。

買ってみたら、もっと早く買えばよかった〜と後悔するほど気に入っています(笑)

もう購入して1ヶ月ほど経つけど、飽きることなく、ごろごろ、ごろごろ。パソコンでゲームをする息子も気に入って、寝る前にごろごろ、ごろごろ。

寝ころぶだけという手軽さ、そしてやると気持ちいい!というスッキリ感もあるので、いまやもうすっかり習慣化しています。

created by Rinker
LPN
¥9,790 (2021/01/22 08:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

朝のルーティーン

毎朝のルーティーンは、ヨガやラジオ体操をしていたのが、今は簡単な筋トレとストレッチ(ポール含む)、それに瞑想。

最近はこれに床のぞうきん掛けも増えました。

朝、ぞうきんで床をぴかぴかに磨いておくと、す〜ごく気持ちがいいんです。ぞうきん掛けって大変そうって思っていたんですが、玄関に続く床だけなら拭くのに5分もかからない。

早く起きれた、時間があるときだけしていて、毎日ではないけれど。それでも、ぞうきん掛けできた日は、必ずいい日になるような気がする。ので、無心で祈るように拭いています(笑)

写真は、こないだ5時半に起きたらまだ満月が煌々と輝いていた朝。月の光を浴びながらの瞑想はとてもよかった。

心穏やかな日々にするために、いろいろしています。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。