京都ライター塾1期生のこずえさんが人気サイトで連載スタート!

  • ブックマーク

この1月に始まった「書くを仕事に!京都ライター塾」。3月に卒業した1期生のこずえさんが、京都情報を集めた人気サイト「デジスタイル京都」にて、連載をスタートすることになりました!

自分が新しい仕事もらえるより、う、うれしい。

こずえさんは、福岡出身で数年前から京都在住となった専業主婦の方 。ライター経験はなかったのですが、ライター塾の講義を受ける中で、書きたいテーマを探し、企画をたて、一緒にブラッシュアップ。提案したところ見事に企画が通り、このたび

「これ、めっちゃウマっっ!!」つい誰かに教えたくなる京都の万能調味料たち

というテーマで連載が決まりました。

お料理好きのこずえさん、ご当地の調味料をいろいろ試すのが好きというので生まれた企画。特に今、コロナ禍で外食になかなか行けず、自宅で料理する人も増えていると思うので、いつもの家庭料理にちょっと加えることで新鮮さが増す、調味料すごくいいと思うんですよね〜。

今回こずえさんが取り上げたのは「キンシ正宗」の塩ポン酢。なぜ酒造メーカーがポン酢?というところから、商品が生まれるまでのストーリーに触れ、読み進めるほどに、塩ポン酢が試したくなり、読み終わったときには購入を決意(笑)したくなるほど。

ぜひ、こずえさんの記事をチェックしてみてください!

created by Rinker
キンシ正宗
¥540 (2021/06/16 19:45:31時点 Amazon調べ-詳細)

以前、私もブログで塩ポン酢を紹介したことがありますが、今度はキンシ正宗の塩ポン酢で常夜鍋、試してみたいなぁと思います!

第4期京都ライター塾、日程が決まりました!

第4期は2021年2月6日(土)スタート!

第4期は、週末の午前中に開催時間を変更!

●土曜日の午前中開催!
これまでは平日昼間に開催でしたが、週末開催はないのかというお問い合わせも多く、来期から週末の午前中に講義を実施。仕事をしながら参加していただけます。

●3週間に一度の開催!
これまでは2週間に一度の開催でしたが、来期から3週開に1度開催することにしました。トータルでより長い期間関わることで、フォローできる期間も増え、書く習慣化にも繋げてもらえたらと思います。

第4期 講座開催日

2021年2月6日(土)・2月27日(土)・3月20日(土)・4月10日(土)・5月1日(土)

全5回 土曜、朝9:00〜12:00
講座内容1回3時間×全5回(15時間)
+フェイスブックページでのサポート

・Zoomでのオンライン開催
・参加費:1名 198,000円(税込)
・定員:6名  ※分割払いをご希望の方は、お気軽にご相談ください。

※全日参加できる方を対象としていますが、講座の内容は毎回録画するので、万が一事情があり参加できなかった場合は、映像を見ることで後日受講していただけます。

募集開始はまだ先ですが、メールマガジンにて先行してお申し込みを受付ますので、気になる方はメルマガにご登録をお願いします!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。