クリーニングデイの戦利品は、ARABIAのヴィンテージ!

  • ブックマーク
10時のオープンに合わせて張り切って行ってきました。
早めについたつもりがすでに、入口には10人以上の行列が!すごい人気!
入口で配られていたのが、雑貨屋「サルミアッキ」の店名にもなっているサルミアッキ。フィンランドではソウルフルード的存在だそうですが、日本では世界一まずいと言われている(笑)グミのようなもの。私は以前お店で味見させてもらい、その強烈な味を知っていたので、今回は息子に食べさせてみることにしました。案の定、ものすごい顔してしばらく噛んでいたものの、最後は出してしまいました。ぷぷ。夫に至ってはもう食べるのも怖かったらしく、味見拒否。

いやぁ、この味は一度試してもらいたいなぁ。どれだけ強烈か!

気になる方は、 サルミアッキさんのお店に販売してあったかと思うので、ぜひお試しを。
で、私たちがGETしたのは、こちら。


最近コーヒーにはまっていることもあり、アラビアのカップ&ソーサーとプレート。それぞれ1000円ほどだったんですよ!お買い得すぎる。陶器コーナーは大人気で、押すな押すなの大混雑ぶり。本当はもっともっと欲しいものもあったのだけど、独り占めするのもあれですし。マリメッコのファブリックや洋服、雑貨も可愛いのが並んでいました。北欧モノ、少しずつ集めて行けたらいいなぁ。

この日、教会の中には、焼き菓子やコーヒーが楽しめるコーナーがあったり、裏庭には、ムーミンの映画が流れていて、子どもたちがちょっと遊べるスペースもあったりと、すごく気持ちのいい空間で、お買い物も楽しめて大満足!またやってほしいなぁ、クリーニングディ。 

———- 



関西日本フィンランド協会のチラシもばっちり置いてもらっていたのですが、興味を持たれた方いらしたでしょうか。会員は常に募集しているので、フィンランドについてあれこれ知りたいという人はぜひ!よろしくお願いします☆ 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。