【書きました】デジスタイル京都のコラム更新!子どもと1日遊べる、宝が池公園へ

 

デジスタイル京都のコラム、アップされています! 今回は、私の癒しスポット・宝ヶ池公園です。

text by:江角悠子(@ezu1030

スポンサーリンク



癒しの森・宝ヶ池公園

時々、鬱蒼とした木々に囲まれないと発狂しそうになるので(笑)、そんなときに訪れる大好きな場所です。実はいろいろお楽しみがあって、子連れでリフレッシュできるところ。今ならまだ紅葉が楽しめるかな。

大好きすぎて、好きなエリアには「フィンランドの森」と「軽井沢」という名前をそれぞれ付けています。

軽井沢にもフィンランドにもなかなか行けないけれど、ここに来て、訪れた気分になるという…。

これは、取材の一コマ。家族総出で取材しています。コラム、ぜひ読んでみてください♪

 

有料の月刊マガジン「京都くらしの編集室」始めました!

ライター仕事のお問い合わせはこちらからお願いします!

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。