京都ライター塾は10/21スタート!今期最後の個別相談会を実施します!

  • ブックマーク

「第3期 京都ライター塾」に向けた個別相談会ですが…前回、間に合わなかったのでという問い合わせがあり、あと16(金)と18(日)だけ行うことにしました!

書くことを仕事にしたい方へ「第3期 京都ライター塾」

京都ライター塾の開催日程等、詳細はこちら

ライター塾を検討している方への無料個別相談会は、メールマガジンにてお申し込みを受付ます。日程は16(金)と18(日)の夜。Zoomでのオンラインにて実施します。

メールマガジンのご登録はこちら

また今回から定員6人のグループで実施するほか、マンツーマン講座も実施することにしました。

平日昼間での参加が難しかった方、10月〜12月で5日間のスケジュールをすり合わせ、土日や夜の時間も柔軟に対応できればと思っています。マンツーマン講座をご検討中の方は日程調整が必要なため、事前に一度ご相談をお願いします〜!

申込スタート!

今週月曜日から「第3期 京都ライター塾」の参加申込が始まりました。

決して安くはない費用なので、意を決して申し込んでくれた方がいるとこちらも気が引き締まる思いです。

今年残り3ヵ月、一緒に前へ前へと進んで、いけたらと思います。参加される皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

夢はまず小さく叶える

さてあなたは、いつかやってみたい、いつか行ってみたいといった夢はありますか?

その夢が、大事であればあるほど、早めに小さく夢を叶えておくことが大事だなと私は思っています。

夢って憧れが大きかったり、大事だったりするほど手の届かないところに置いておいて、眺めたりするようなところがあるかと思うのですが(私だけですか?)

その夢を叶えることが、本当に自分の幸せに繋がるかどうか、やってみないと分からない部分も大きいので、ぜひまず小さく叶えてみることをオススメします。

例えば私は、出版社に勤めていたとき、誌面を自分の好きなようにデザインできるたらいいな!と憧れて、次にライター兼デザイン作業もさせてくれる会社に転職しました。

が、デザインするのは楽しかったのですが、私はあんまりセンスも才能もないなぁとすぐに限界を感じました(笑)それよりやっぱり文章を書く方が好きだなぁと気が付きました。「デザイナーいいな」とずっーと憧れて憧れて努力して、デザインだけさせてもらえる会社に転職していたら、夢は叶えられたとしても、実際はしんどかっただろうなと思います。

でも、小さく叶えてみたことで自分に向いてないと分かって、現実を知ったときは悲しかったですが、でも、やっぱりライターになりたいとより思いが明確になりました。

夢とか憧れって、それ自体あることはすごくいいことだと思うのですが、それが自分に合っているかどうかはやってみないと分からないんだなぁとそのとき思ったのです。好きにデザインできたら楽しいだろうなって今も思いますが、私は自分の才能にさっさと見切りをつけて(笑)デザインが得意な人の助けを借りて作りたいものができたらいいやと今は思っています。

逆パターンもあります。

私はいつか船で世界一周をしたいという夢があるのですが、いざ船に乗ってみて、船酔いがひどかったら、世界一周なんて苦痛でしかないんじゃ?とあるとき思いました。そこで、太平洋フェリーに乗って2泊3日の船旅を体験してみました。体験してみたら、船酔いはほぼなし。それどころか、のんびりした船旅は私にとってこれ以上ない最高の旅じゃない!?と気が付いてダイヤモンドクルーズに行くきっかけとなりました。

小さく叶えてみたら、夢が加速して半分くらいは叶った!という感じです。

もし今ライターになりたいと憧れる人がいたら、まずは書きたいものを書いてみたら良いと思います。

エッセイストになりたいなら、エッセイを書いてみる。いざ書いてみたら、しんどくて思ってたのと違ったなぁってなるかもしれません。逆にいざ書いてみたら楽しくて筆が止まらなくて、試しに何かに応募してみたら賞をとったりして。

どっちに転ぶかは、自分で実際にやってみないと分かりません。

まずは小さく叶えてみる。

オススメです!

というわけで。
いつかライターとして活動を始めたいと考えている方、まずは挑戦することから始めませんか。

私もライターになれるのかな?と不安な方は、一度相談してみてください。

今年のライター塾の募集はこれで最後になります。

書くことを仕事にしたい方へ「第3期 京都ライター塾」

詳細はこちら


個別相談は、メールマガジンにてお申し込みを受付ます。お待ちしています!

メールマガジンのご登録はこちら

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。